日本で生きる2人のクルド人青年 日本にやって来た難民の状況を映し出す 「東京クルド」公開決定

映画スクエア

「東京クルド」の写真をもっと見る

 7月10日より劇場公開される、日本で生きる2人のクルド人青年を追ったドキュメンタリー映画「東京クルド」の、予告編が公開された。

 公開された予告編の始まりでは、2021年5月に入管法改正案が事実上の廃案となったものの、日本にやって来た難民たちが置かれている状況は変わっていないことが字幕で表示され、「入管の中で死にたくない」という悲痛な言葉が流れる。そして、日本で育ったクルド人青年であるオザンとラマザンの日常、夢に向かってもがく姿、それを阻む大きな壁などが映し出される。さらに、長期収容されていたラマザンの叔父が極度の体調を訴えるものの、入管(法務省入国管理局)が救急車を拒否した事件などが描かれている。

 「東京クルド」は、日向史有監督が、日本で生きる2人のクルド人青年を5年以上に渡って取材して作り上げたドキュメンタリー映画。「難民条約」を批准しているものの難民認定率が1%にも満たない日本の現状の中、クルド人青年の青春と日常を追い、そこから浮かび上がる、懸命に生きようと救いを求める人々の置かれている状況を映し出している。

日本で生きる2人のクルド人青年 日本にやって来た難民の状況を映し出す 「東京クルド」公開決定

【作品情報】
東京クルド
2021年7月10日より渋谷シアター・イメージフォーラム、大阪・第七藝術劇場にて公開
配給:東風
(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

  • 作品

東京クルド

公開年 2021年
製作国 日本
監督  日向史有
出演  
新着コンテンツ