なれのはて

なれのはて
公開年
2021年
製作国
日本
監督
粂田剛
出演
嶋村正、安岡一生、谷口俊比古、平山敏春
「なれのはて」で描かれるのは、マニラの貧困地区でひっそりと暮らす高齢の日本人男性たち。”困窮邦人”呼ばれる彼らは、周囲の人の助けを借りながら、わずかな日銭を稼ぎ、ほそぼそと毎日を過ごしている。かつては、警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手として日本で暮らしていた彼らは、家族がいるにも関わらず、何らかの理由で帰国しないまま、人生の最後となるであろう日々を送っている。
  
 半身が不自由になり近隣の人々の助けを借りてリハビリをする男、連れ添った現地妻とささやかながら仲むつまじい生活を送る男、便所掃除をして軒下に居候している男、最も稼げないジープの呼び込みでフィリピンの家族を支える男。そんな彼らの日常やスラムの人々の姿を淡々と捉えたドキュメンタリー映画となっている。
 
 監督したのは、原将人監督作「20 世紀ノスタルジア」、矢崎仁司作「ストロベリーショートケイクス」などの助監督を務めた粂田剛。当初は、”困窮邦人”が番組になるのではと考え、テレビ番組のディレクターとして、フィリピンに通ってリサーチを続けていたが、内容的にテレビでは難しいと判断。映画として発表することを決める。それから7年間にわたり断続的に1人で現地に通い、彼らと交流を深めていく中でカメラを回し続けた。

2021年12月18日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開
配給:ブライトホース・フィルム
Ⓒ有象無象プロダクション
ニュース なれのはて

日本に帰国せずフィリピンのスラムで生きる”困窮邦人”追う ドキュメンタリー映画「なれのはて」公開決定

「なれのはて」の写真をもっと見る  第3回東京ドキュメンタリー映画祭で長編・・・部門グランプリと観客賞をダブル受賞した、日本に帰国せずフィリピンのスラムで暮らす”困窮邦人”たちを追ったドキュメンタリー映画「なれのはて」が、12月18日より劇場公開されることが決まった。  「なれのはて」で描かれ・・・
新着コンテンツ