有村架純、涙流しながら森田剛を抱きしめる姿 更生に奮闘する保護司を熱演 「前科者」特報

映画スクエア

 2022年1月28日より劇場公開される、「ビッグコミックオリジナル」で連載中の同名漫画の映画化作「前科者」の、特報映像が公開された。

 公開された特報映像では、「人殺しでも、更生出来ると思いますか?」と仮釈放中の工藤誠(森田剛)がつぶやくその言葉に、力強く「はい」と答える保護司・阿川(有村架純)の姿が切り取られている。また、すがすがしい昼に広場でお弁当を工藤に手渡し、その横に並んで座る笑顔の阿川の姿や、涙を流しながら抱き合う2人の姿が切り取られ、物語の中心となる2人の関係性が映し出されている。ところが後半には、容疑者として浮上した工藤の名を読み上げる刑事・滝本(磯村勇斗が)の固い声が響き渡り、事態が一変することが描かれている。

 原作漫画「前科者」は、テレビドラマ「監察医 朝顔」の原作や「クヒオ大佐」「羊の木」など映画の脚本も手掛ける香川まさひとが、罪を犯した「前科者」たちの更生・社会復帰を目指し、奮闘していく保護司の姿を描いた作品。有村架純が主人公の保護司である阿川佳代を、森田剛が更生中に姿を消して警察に追われる工藤誠を、磯村勇斗が工藤を追う刑事の滝本真司を演じる。多くの映画賞を受賞した「あゝ、荒野」の岸善幸が、監督と脚本を務めている。11月20日からは、新人保護司の阿川佳代がさまざまな「前科者」と向き合い、成長する姿を描くドラマが、WOWOWで放送・配信される。

有村架純、涙流しながら森田剛を抱きしめる姿 更生に奮闘する保護司を熱演 「前科者」特報

【作品情報】
前科者
2022年1月28日(金)公開公開
配給:日活・WOWOW
© 2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

新着コンテンツ