渦巻き模様の不気味な場所 銃を構えるサミュエル・L・ジャクソン 「ソウ」新章「スパイラル」場面写真

映画スクエア

渦巻き模様の不気味な場所 銃を構えるサミュエル・L・ジャクソン 「ソウ」新章「スパイラル」場面写真

「スパイラル:ソウ オールリセット」の写真をもっと見る

 9月10日より劇場公開される、人気スリラー映画「ソウ」シリーズを一新した映画「スパイラル:ソウ オールリセット」から、場面写真が公開された。

 公開された場面写真では、主人公のバンクス刑事(クリス・ロック)を筆頭にした刑事たちが、謎の“スパイラル(渦巻き)”模様を手掛かりに、犯人を追及していく様子が映し出されていく。さらに犯人であろうブタのマスクを被った人物が、影に潜みながら刑事を襲おうとする恐怖の瞬間も切り取られている。さらには、サミュエル・L・ジャクソンが演じるバンクス刑事の父親が 壁一面にスパイラル(渦巻き)模様が描かれた不気味な現場で、神妙な面持ちで銃を構える瞬間も収められている。

 バンクス刑事の父親役を演じたサミュエル・L・ジャクソンのキャスティングについて、製作総指揮も務めたクリス・ロックは、「サミュエル・L・ジャクソンをこの作品にキャスティングするために、できることは全部やってほしい!」とスタッフに懇願したことを明かしている。当のサミュエルは、「俺はホラー作品が大好きなんだよね! ホラー作品から声がかかると、いつも楽しみなんだ。『ソウ』シリーズはホラーというか、すでに独自のカテゴリーを生みだしている。伝説的な作品だと思う。そんな作品の一員になれると思うと、何がなんでも引き受けたくなってしまう!」と、オファーを快諾したことを語っている。

 「スパイラル:ソウ オールリセット」は、2004年に誕生した人気スリラー映画「ソウ」シリーズの精神を受け継ぎつつ、過去シリーズを完全に刷新した”完全なる新章”として作られた作品。これまでのシリーズと関係する登場人物を一新。ジグソウの後継者を巡る物語をリセットし、まったく新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れる。監督を務めるのは、「ソウ2」「ソウ3」「ソウ4」の監督を務めたダーレン・リン・バウズマン。主演と製作総指揮を務めるのは“ソウフリーク”として知られるクリス・ロック。サミュエル・L・ジャクソンらが共演している。

【作品情報】
スパイラル:ソウ オールリセット
2021年9月10日(金)全国公開
配給:アスミック・エース
©2020 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

  • 作品

スパイラル:ソウ オールリセット

公開年 2019年
製作国 アメリカ
監督  ダーレン・リン・バウズマン
出演  クリス・ロック、マックス・ミンゲラ、マリソル・ニコルズ、サミュエル・L・ジャクソン
新着コンテンツ