門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ&岨手監督 いきいきとした女性たち 「あのこは貴族」メイキング

映画スクエア

門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオ&岨手監督 いきいきとした女性たち 「あのこは貴族」メイキング

「あのこは貴族」の写真をもっと見る

 異なる階層に生きる2人の女性を描いた映画「あのこは貴族」(2月26日公開)から、門脇麦、水原希子、石橋静河、山下リオの女優たちや岨手監督を捉えたメイキング映像が公開された。

 メイキング映像では、門脇、水原の初共演シーンとなるホテルのラウンジでの一幕、タブレットを見ながら和やかな雰囲気で撮影の合間時間を過ごす門脇や石橋の姿、以前の共演からプライベートでも仲がいいという水原と山下の和気あいあいとした撮影風景、本番で勢いあまって頭をぶつける水原と山下のちょっとしたハプニングなどが映し出されている。また、岨手監督が女優陣と演技について話をする様子も捉えられている。

 映画内では、上流階級の門脇麦演じる華子にとって自分の素直な本音を明かせる唯一と言える友人が石橋静河演じる逸子で、地方から上京してきた水原希子演じる美紀にとって支え合いながら東京を生き抜く戦友とも言えるのが山下リオ演じる平田という関係性を見せる。そんな4人がそれぞれ抱える生きづらさを共有し、支え合いながら、自らの足で人生を切り拓いていく姿を描いた作品の、女性たちがいきいきと撮影に挑む舞台裏の一端が垣間見える映像となっている。

 「あのこは貴族」は、異なる階層に生きる2人の女性が人生を切り開く姿を描いた、山内マリコの原作を映画化した作品。榛原華子を門脇麦、時岡美紀を水原希子が演じている。また、良家の生まれの弁護士・青木幸一郎を高良健吾が演じているほか、石橋静河、山下リオらが出演している。監督は、初のオリジナル長編作品「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を受賞した、岨手由貴子が務めている。

あのこは貴族
2021年2月26日(金)全国公開
配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

新着コンテンツ