家主を惨殺した青年、「悪魔のせい」と無罪主張 心霊研究家夫妻が謎に迫る 「死霊館」シリーズ最新作予告

映画スクエア

 10月1日より劇場公開される、「死霊館」ユニバース最新作映画「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」の、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 公開された予告編では、「悪魔のせい」と無罪を主張する家主を惨殺した青年や、悪魔の存在を証明しようと挑む心霊研究家ウォーレン夫妻の姿などが描かれている。「あなたの家族は呪われている」と話すロレイン(ベラ・ファーミガ)のほか、大人を投げ飛ばして人間とは思えないほど角度で起き上がる少年などの衝撃的な恐怖映像も収められている。さらには、断崖絶壁で絶体絶命の状態となる、エド(パトリック・ウィルソン)とロレインの手に汗握るシーンも映し出される。ナレーションは、「死霊館」シリーズのファンという声優の諏訪部順一が務めている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、不穏な表情を浮かべるエドと、十字架の形の光から顔をのぞかせるおびえたような表情のロレインに、「今日、あなたは初めて、悪魔を見る。<実話>」のコピーが添えられている。また、予告にも登場している、悪魔に憑依された少年の姿も映し出されている。

 「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」は、心霊研究家エドとロレインのウォーレン夫妻が実際に調査した事件を基に映画化された「死霊館」シリーズの第3作。「アナベル」シリーズなどのスピンオフを含めた「死霊館」ユニバースとしては7作目となる。家主を斬殺した青年が「悪魔のせい」と無罪を主張し、調査に乗り出したウォーレン夫妻は邪悪な何かに追い詰められる。シリーズの生みの親であるジェームズ・ワンがプロデュースを担当し、「ラ・ヨローナ~泣く女~」などのマイケル・チャベスが監督。ウォーレン夫妻は、パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが続投している。

家主を惨殺した青年、「悪魔のせい」と無罪主張 心霊研究家夫妻が謎に迫る 「死霊館」シリーズ最新作予告

【作品情報】
死霊館 悪魔のせいなら、無罪。
2021年10月1日(金) 全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

  • 作品

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

公開年 2021年
製作国 アメリカ
監督  マイケル・チャベス
出演  パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、ルアイリ・オコナー、サラ・キャサリン・フック
新着コンテンツ