GReeeeN書き下ろし曲「たけてん」映画版MV公開 「漁港の肉子ちゃん」EDテーマ

映画スクエア

 6月11日から劇場公開される、明石家さんまプロデュースのアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」から、GReeeeNが書き下ろしたエンディングテーマ「たけてん」の、本編映像を使用した映画版ミュージックビデオ(MV)が公開された。

 「キクコと二宮の夏の記憶編」と題されたMVでは、漁港町に引っ越してきたキクコと物静かな同級生・二宮にスポットが当てられている。MVは、「この光をとても懐かしく感じるのはなぜだろう。あの時の光、ささやかな希望、そして…」というキクコのセリフとともに、輝かしい光が一面にあふれるシーンから始まる。そして、漁港町に引っ越してきたキクコが物静かな同級生の少年・二宮を気にする姿や、2人の距離がゆっくりと縮まり友情を育んでいく様子など、2人のみずみずしい夏の記憶が、「たけてん」のメロディとともに描かれている。

 あわせて本ポスターも公開された。漁港町をバックに、船の上で穏やかに暮らす肉子ちゃんとキクコ、舌をペロっと出している少年・二宮、キクコの親友・マリアをはじめとする同級生、漁港に住む2人を温かく見守る焼き肉屋「うをがし」の店主・サッサンたちが描かれ、「みんな、望まれて生まれてきたんやで。」のコピーが添えられている。

 「漁港の肉子ちゃん」は、直木賞受賞作家の西加奈子の同名小説を原作としたアニメ映画。漁港の船に2人きりで住む母娘である、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。明石家さんまが企画・プロデュースを担当。「海獣の子供」などの渡辺歩が監督を、「かぐや姫の物語」「海獣の子供」で作画監督を務めた小西賢一がキャラクターデザイン・総作画監督を務め、「映画 えんとつ町のプペル」のSTUDIO4℃が、アニメーション制作を手がける。大竹しのぶが主人公の肉子ちゃん、Cocomiが娘・キクコの声を務め、花江夏樹、下野紘、吉岡里帆、マツコ・デラックスらも声の出演をしている。

GReeeeN書き下ろし曲「たけてん」映画版MV公開 「漁港の肉子ちゃん」EDテーマ

【作品情報】
漁港の肉子ちゃん
2021年6月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:アスミック・エース
©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

漁港の肉子ちゃん
  • 作品

漁港の肉子ちゃん

公開年
2021年
製作国
日本
監督
渡辺歩
出演
(声)大竹しのぶ、Cocomi 、花江夏樹、中村育二、マツコ・デラックス、 吉岡里帆
新着コンテンツ