有村架純と志尊淳が農作業を体験 児童相談所やホストクラブ経営者に取材 「人と仕事」場面写真

映画スクエア

有村架純と志尊淳が農作業を体験 児童相談所やホストクラブ経営者に取材 「人と仕事」場面写真

「人と仕事」の写真をもっと見る

 10月8日より劇場公開される、有村架純と志尊淳がコロナ禍で働く人々に話を聞くドキュメンタリー映画「人と仕事」から、新たな場面写真が公開された。有村架純と志尊淳がコロナ禍で打撃を受けたエッセンシャルワーカーの職場を取材・体験する姿が切り取られている。

 ある農家の元を訪れた有村架純と志尊淳は、実際に作物の収穫を体験。人々の生活の基盤である「食」を支える農家の仕事を実際に体験する、有村と志尊の姿が映し出されている。2人は落花生の収穫とその仕分け作業を体験。2人は作業を体験するだけでなく、このコロナ禍が農家という仕事に与えた影響についても取材し、緊急事態宣言の発出の影響で出荷先などが無くなってしまい、苦しい経営状況に立たされた農家のリアルな声を聞いた。

 有村が都内の児童相談所を取材する姿も切り取られている。2020年に警察からの児童虐待通告は全国で過去最多を記録。その背景にはコロナ禍による環境の変化をきっかけとする家族間不和があると、取材先の職員が語る。また有村は、児童相談所という仕事についての話も聞き、「様々な人の心の感情と向き合うことになる児童相談所の仕事は、心を表現する役者という仕事にも通ずる部分がある」と、取材の中で語っている。

 本作では一般に定義されているエッセンシャルワーカーだけでなく、人と触れ合うことで成立する職業に従事する人も取材している。志尊は、このコロナ禍で差別や偏見を向けられた”夜の街”で、ホストクラブの経営者を取材。コロナ禍前から偏見や差別の目で見られることが多かった夜の仕事に従事する人々が、コロナ禍において何を感じているのか。生の声に真摯に耳を傾ける志尊の姿が映し出されている。

有村架純と志尊淳が農作業を体験 児童相談所やホストクラブ経営者に取材 「人と仕事」場面写真

有村架純と志尊淳が農作業を体験 児童相談所やホストクラブ経営者に取材 「人と仕事」場面写真

 「人と仕事」は、有村架純と志尊淳がそのままの“自分”としてスクリーンに登場し、エッセンシャルワーカーと呼ばれる人々や市井の人々の声を聞くドキュメンタリー映画。保育士や農業などの職業に従事している人々のもとに赴いた2人が、ありのままの言葉や表情で現代社会の陰影を浮き彫りにしていく。さらに、2人が自分自身の仕事をあらためて見つめ直し、仕事人の1人として現代社会と向き合う姿が捉えられている。「さんかく窓の外側は夜」などの森ガキ侑大が監督を担当。森ガキ監督にとって、大学在学中以来17年ぶりのドキュメンタリー制作となった。

【作品情報】
人と仕事
2021年10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映
配給:スターサンズ/KADOKAWA
©︎2021『人と仕事』製作委員会

  • 作品

人と仕事

公開年 2021年
製作国 日本
監督  森ガキ侑大
出演  有村架純、志尊淳
新着コンテンツ