身の安全のためウクライナを去った15歳の体操選手 故郷を見守るしかできない葛藤 「オルガの翼」予告

映画スクエア

 9月3日より劇場公開される、第74回カンヌ国際映画祭でSACD賞を受賞した映画「オルガの翼」の、日本版予告が公開された。

 日本版予告は、2013年からキーウで起こった市民運動であるユーロマイダン革命の、実際の映像から始まる。主人公は、ウクライナ人の体操選手オルガ。親ロシアの大統領を批判する記者の母とともに命を狙われ、単身スイスへと避難し、現地のナショナル・チームに参加する。厳しい練習に耐えながら、故郷に残してきた家族や友人たちが傷ついていく様子を、国外から見守ることしかできず、心が引き裂かれるオルガ。最後には「わたしは跳ぶ、この痛みを刻み付けて。」のコピーが映し出され、オルガが身体と心の痛みや家族や友人たちの痛みを抱えて生きていく覚悟が表現されている。

 「オルガの翼」は、生きるために故郷ウクライナを去った15歳の体操選手オルガを描いた作品。 監督を務めるのは、スイス出身で1994年生まれのエリ・グラップ。初長編監督作にしてカンヌ国際映画祭SACD賞受賞の快挙を果たした。ユーロマイダン革命の映像は、すべて実際にデモ参加者がスマートフォンで撮影した映像を使用している。主人公のオルガを演じるのは、ウクライナ東部ルハンシク生まれで、欧州選手権出場歴を持つアスリートのアナスタシア・ブジャシキナ。ブジャシキナは、ウクライナ侵攻によって危険な状況にさらされたためスイスに移住するという、映画の主人公と同じ状況になっている。

身の安全のためウクライナを去った15歳の体操選手 故郷を見守るしかできない葛藤 「オルガの翼」予告

【作品情報】
オルガの翼
2022年9月3日(土)、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
配給:パンドラ
(C) 2021 POINT PROD - CINÉMA DEFACTO

作品一覧