シュワルツェネッガー、ティム・ロビンス、スーザン・サランドンの二世共演スリラー「ダニエル」予告編公開

映画スクエア

 ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの息子マイルズ・ロビンスと、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリック・シュワルツェネッガーの、ハリウッド大物俳優の息子たちが共演する、映画「ダニエル」の予告編が公開となった。

 両親の離婚により孤独な幼少期を過ごしていたルーク(マイルズ・ロビンス)は、自分以外には見えない親友ダニエル(パトリック・シュワルツェネッガー)の存在が心の拠り所だった。やがてダニエルはルークを封印するが、不安と孤独によってダニエルを呼び起こす。妖しくも美しいダニエルは、孤独なルークにとって再び唯一の理解者となっていく。やがてルークの生活が順調に進むようになり、ダニエルを必要としなくなる。だが、ダニエルはそれを許さず、次第にルークを支配しようと動き出す・・・という内容の作品。「ロード・オブ・ザ・リング」のフロド役で知られるイライジャ・ウッドが製作を担当している。

 公開された予告編では、再会を果たしたルークとダニエルが無邪気な笑顔でじゃれあう姿、「僕は君の一部だ」と互いに絆を確かめ合う2人の姿が描かれたあと、「君は、何かがおかしい」というナレーションから様相が一変する。柔和だったダニエルは不気味な笑みを浮かべ、異常な行動でルーク追いつめていく。ダニエルはいったい何者なのか?本当に空想上の存在なのか?さまざまな疑問が浮かび上がる映像となっている。

 予告編と同時に、ポスタービジュアルも公開された。切なげな表情を見せるダニエルと不穏な表情を浮かべて視線を背けるルークの、対照的な姿が収められたビジュアルとなっている。「君の名前で僕を呼んで」「ムーンライト」などのポスタービジュアルを担当した石井勇一さんが手掛けている。

シュワルツェネッガー、ティム・ロビンス、スーザン・サランドンの二世共演スリラー「ダニエル」予告編公開

ダニエル
2021年2月5日(金)より全国公開
配給:フラッグ
©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED. 
【R15+】

新着コンテンツ