ニコラス・ケイジがママチャリ運転 園子温の願いかなう 「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」本編映像

映画スクエア

「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」の写真をもっと見る

 10月8日より劇場公開される、園子温監督のハリウッドデビュー作でニコラス・ケイジ主演の映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」の、本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、ニコラス・ケイジ演じるヒーローが、悪徳支配者ガバナーの孫娘を連れ戻すため、サムライタウンからゴーストランドへ出発するシーン。時限爆弾付きの革のスーツに身を包み、車に乗り込みエンジンをかけるヒーロー。華麗にスピンをかける姿に、サムライタウンの住民は息を飲む。「60セカンズ」など数々の名車でカーチェイスを見せてきたニコラス・ケイジによる新たなカーアクションが展開されるかと思いきや、ヒーローはおもむろに車から降り、小走りでママチャリの元に。そして、ママチャリを必死にこいでゴーストランドに向かうのだった。

 このシーンについて園子温監督は「どうしてもニコラスをママチャリに乗せたかった」と、思い入れのある大事なシーンだったと語っている。監督の思いを汲んだニコラスは「園さんは、こちらが疑問を持ったりしない監督たちの一人だよ。ただ、こういう方向に行ってくれと彼が言うところに行くだけだ。だから僕はそうしたんだ。でも、僕は自転車に乗っていて、少し間抜けな気がした。でも、完成した映画を観た時、それはとても素晴らしいと思ったよ。素晴らしい選択だったと思った。園さんが僕にそうするようにと言ってくれたことに感謝しているよ」と、撮影を振り返っている。

 さらにニコラス・ケイジは、監督からの現場での指示について、「僕はただ、”オッケー。あなたが僕に自転車に乗って欲しいなら、僕は自転車に乗る。僕はベルを鳴らすことだってやるよ!”って言ったんだ(笑)。彼が僕にやって欲しいことはどんなことでも僕はやった。だから、僕はこの映画を作ったんだ。彼の頭の中に、彼のビジョンの中に入って、彼の世界を歩くためにね。それはとてもスペシャルで、ユニークで、芸術的な想像の世界なんだよ」と、監督に全幅の信頼を寄せて撮影をやり遂げる、プロフェッショナルな一面を見せている。

 「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」は、一帯を牛耳るガバナーの支配から逃亡した女を連れ戻すように命じられた、高名な悪党であるヒーロー(ニコラス・ケイジ)を描いた作品。オール日本ロケ(彦根、東映太秦撮影所)で撮影された。2019年2月に心筋梗塞で倒れた園子温監督にとって、困難を乗り越えて作り上げた悲願のハリウッドデビュー作で、サンダンス映画祭2021のPremieres部門に出品された。ソフィア・ブテラ、ニック・カサヴェテス、ビル・モーズリーのほか、日本からTAK∴(坂口拓)や、園監督が発掘した中屋柚香らが出演する。

ニコラス・ケイジがママチャリ運転 園子温の願いかなう 「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」本編映像

【作品情報】
プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド
PG-12

  • 作品

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド

公開年 2021年
製作国 アメリカ
監督  園子温
出演  ニコラス・ケイジ ソフィア・ブテラ ビル・モーズリー ニック・カサヴェテス、TAK∴、中屋柚香
新着コンテンツ