安田顕がスーパーの万年主任に 仕事や家族のため七転八倒 「私はいったい、何と闘っているのか」公開決定

映画スクエア

安田顕がスーパーの万年主任に 仕事や家族のため七転八倒 「私はいったい、何と闘っているのか」公開決定

 つぶやきシロー原作の「私はいったい、何と闘っているのか」が、安田顕主演で映画化され、12月に劇場公開される。

 「私はいったい、何と闘っているのか」は、勤続25年の地元密着型スーパーに万年主任として勤める中年サラリーマンを描いたハートフルコメディ。芸人・役者・作家と多才なジャンルで活躍するつぶやきシローの原作を、「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」でタッグを組んだ、安田顕の主演、李闘士男の監督、坪田文の脚本で映画化する。

 仕事や家族のために七転八倒する中流階級の中年男の日常を体当たりで演じる安田顕のほか、シリアスからコメディまで幅広い役柄を演じる演技力に定評のある小池栄子、MCから女優まで幅広い活躍を見せるマルチタレントの岡田結実、バラエティに欠かせない存在として活躍するファーストサマーウイカが出演。さらに、伊集院光、SWAY(劇団EXILE)、金子大地、菊池日菜子、小山春朋、伊藤ふみお(KEMURI)、白川和子らが顔をそろえている。

 公開された特報映像では、安田演じる主人公・伊澤春男が万年主任を務める地域密着型スーパーウメヤで勃発した、1ケタ多く発注するミスの発覚シーンから始まる。春男を呼ぶスーパーの人々。その声に応えるべく「伊澤春男、やるしかない。」と真剣な面持ちで出動する春男。そして、「間違えてしまいまして、5000袋」と笑いながら、集まるお客さんに麺を売る春男の姿が映し出される。最後には、「ヤダ、ヤダ、ヤダ、ヤダ、ヤダ」と頭の中でつぶやきながら、目をつぶって頭を左右に何度も振る春男の姿も切り取られている。

【コメント】

■安田顕
試写を観た皆様の評判が良いのです。
もちろん嬉しいのですが、なかなかないくらい評判が良いので、不安です(笑)。
李闘士男監督とは2度目ということもあり、楽しく笑えるハートフルコメディに仕上げてくださると信頼し、現場では『クソ真面目に』滑稽な男を演じさせていただきました。
大好きな名優、小池栄子さんとも2度目の夫婦役。本当に恵まれてます。
なにより、出演された皆々様がキラキラ輝いているなんて、これ程嬉しいことはありません。
それってやっぱり、良い作品ってことです。
だから安心してください。
良い映画です。
年末年始くらいは楽しい気分で過ごしたい。
そんな方に観ていただきたい映画です。
老若男女、こぞって、是非。

■李闘士男監督
安田顕演じる伊澤春男は、あなたの職場に、家庭に、満員電車の中に、スーパーに、飲み屋に大勢いる。
日本に100万人はいるだろう。
あなた自身がそうかもしれないし、あなたの夫、同僚、パパがそうかもしれない。
その伊澤春男がやらかして、やらかして、やらかした後、どうなると思います?

【作品情報】
私はいったい、何と闘っているのか
2021年12月公開
配給:日活 東京テアトル
©2021 つぶやきシロー・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会

新着コンテンツ