岩田剛典 練習なしの一発本番で達筆ぶり披露 「絆」の一文字に出演映画への思いを込める

映画スクエア

岩田剛典 練習なしの一発本番で達筆ぶり披露 「絆」の一文字に出演映画への思いを込める

 岩田剛典主演の映画「名も無き世界のエンドロール」(1月29日劇場公開)のヒット祈願イベントが19日に都内で行われ、出演者の岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、監督の佐藤祐市が出席した。5人は、本作が多くの方と良縁に結ばれることを願い、縁結びのご利益もある神田明神で祈祷。その後、イベントに登場した。

 イベントでは、登壇者を代表して、岩田が祈祷に込めた思いを一文字の漢字で表現することに。筆を取った岩田は、真剣な表情で一画一画を丁寧に筆を走らせた。そして、書き上げたのは「絆」の文字。その達筆ぶりにマスコミ陣から「うお~!」という歓声があがり、岩田は「練習なしの一発本番で挑んだんです!緊張しました」と安堵の表情を見せた。

 さらに岩田は「絆」にした理由を説明。「キャストスタッフ含めてみんなで決めたんですが、作品のテーマが“大切な人とのつながり”なのでこれしかないだろう!と満場一致で決まりました」と明かした。岩田の達筆ぶりに新田は、「すっごいかっこいい!習っていたのかと思った」と感想を述べると、「いや、習っていないです!今日が初めてくらい(笑)」と一同を驚かせた。佐藤監督も「岩田ちゃんは意外とナイーブな面があるので、こんなに男らしく力強い文字を書いてくれるとは思わず、驚いた!」と大絶賛だった。

 「名も無き世界のエンドロール」は、10年もの歳月をかけて表と裏の社会でそれぞれのしあがった幼なじみのキダとマコトが、日本中を巻き込む壮大な計画を実行するという内容の物語。穏やかで優しい性格でありながら裏社会で危ない橋を淡々と渡っていくキダ役を岩田剛典が、キダの力を借りながら会社経営者としてのし上がっていくマコト役を新田真剣佑が演じた。「小説すばる新人賞」を受賞した、行成薫さんの同名小説を原作としている。

名も無き世界のエンドロール
2021年1月29日(金)全国ロードショー、「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」は映像配信サービス・dTVで1月29日より【全3話】独占配信
配給:エイベックス・ピクチャーズ
©️行成薫/集英社 ©️映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

新着コンテンツ