ハッカーのラムジーが運転テクニック初披露 「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」本編映像

映画スクエア

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」の写真をもっと見る

 8月6日より劇場公開される、「ワイルド・スピード」シリーズ最新作「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」から、凄腕ハッカーのラムジーがドライビングテクニックを初披露する本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、一般人から強引に車を奪って逃走を図るジェイコブと、トラックに乗り込んだドミニクからジェイコブを追うように指示を受けるラムジーの姿から始まる。天才的なドライビングスキルで、ドミニクたちのトラックから逃げるジェイコブ。ラムジーがトラックに搭載された装置のスイッチを入れると、すさまじい磁力によってジェイコブの車をトラックに吸い寄せ、荷台へと収めてしまう。まさかの展開に驚くドミニクは、「運転がうまい」とニヤリ。自分でも驚いているようなラムジーは、平静を装って「当然よ」と答える。

 優れたハッカーでファミリーのブレインとして欠かせない存在のラムジー。「ワイルド・スピード SKY MISSION」で、テロリストからドミニクたちによって救出されたのをきっかけに、徐々にファミリーの仕事を手伝うようになっていた。そんなラムジーが、ハッカー技術だけではない新たな一面を見せる。

 ラムジーを演じるナタリー・エマニュエルは、「ラムジーの運転シーンは、ただただ楽しかったわ。彼女は、集団における自分の役割が明確で、自分の強みが何かということをよく理解している。それに自信を持っているの。でもその枠から踏み出す必要性が出てきて、本気で挑戦しないと目標を達成できなくなってしまう。他の誰も代われないから、必要不可欠な役よ」と、充実した撮影を振り返りながら、今作で活躍するラムジーの魅力についても語っている。

 「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」は、全世界累計興収6500億円を突破する大ヒットシリーズの最新作。主人公ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめ、オリジナルファミリーのメンバーがカムバックを果たし、「ワイルド・スピード  ICE BREAK」でファミリーの前に立ちはだかったサイファー(シャーリーズ・セロン)や、死んだはずのハン(サン・カン)も再登場する。そして、ファミリーの絆を揺るがす新たな敵として、ドミニクの弟ジェイコブ(ジョン・シナ)が登場する。

ハッカーのラムジーが運転テクニック初披露 「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」本編映像

【作品情報】 
ワイルド・スピード/ジェットブレイク
2021年8月6日(金)全国公開
配給:東宝東和
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

  • 作品

ワイルド・スピード/ジェットブレイク

公開年 2021年
製作国 アメリカ
監督  ジャスティン・リン
出演  ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン
新着コンテンツ