夫を冤罪でなくした妻の前に、突然現れた謎の男 「白い牛のバラッド」本編映像

映画スクエア

 2月18日より劇場公開される、第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された映画「白い牛のバラッド」から、本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、夫を死刑でなくしたシングルマザーの妻ミナの家に、謎の男が訪ねて来るシーン。眉間にシワを寄せた男は、神妙な面持ちで言葉を詰まらせながら、ミナの夫の古い友人レザであると話す。どこか怪しい雰囲気を漂わせるレザは、生前に借りたお金を返すためにやって来たと説明する。借金の話は、ミナにとって初耳だった。

 「白い牛のバラッド」は、愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活するシングルマザーのミナを描いたサスペンス。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われるミナ。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザが現れる。ミナは親切な彼に心を開き、3人は家族のように親密な関係を育んでいくが、ふたりを結びつける“ある秘密”があった。監督を務めたのは、本作が2度目の共同監督となるマリヤム・モガッダムとベタシュ・サナイハ。モガッダム監督は脚本と主演を兼任し、理不尽な社会に立ち向かう女性を演じている。

夫を冤罪でなくした妻の前に、突然現れた謎の男 「白い牛のバラッド」本編映像

【作品情報】
白い牛のバラッド
2022年2月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
配給:ロングライド

新着コンテンツ