西島秀俊「いまを生きる人の心に寄り添う作品と確信」 村上春樹原作 映画「ドライブ・マイ・カー」主演

映画スクエア

西島秀俊「いまを生きる人の心に寄り添う作品と確信」 村上春樹原作 映画「ドライブ・マイ・カー」主演

 村上春樹の短編を濱口竜介監督が映画化した「ドライブ・マイ・カー」の主演を、西島秀俊が務めることが明らかになった。妻を失い、喪失感のなかで生きる舞台俳優の家福(かふく)を演じる。

 出演者写真一覧

 2021年には、映画「シン・ウルトラマン」「劇場版 きのう何食べた?」の公開が予定され、2021年前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の出演も決まっている西島が家福役に挑む。喪失を抱えながら希望へと一歩を踏み出していく、主人公の心の機微を表現する。西島は「濱口監督による熱のこもった脚本は想像以上に素晴らしく、いまを生きる多くの人の心に寄り添う作品になっていると確信しています」とコメントしている。

 他のキャストも発表された。家福の愛車サーブを運転する、寡黙でありながら芯のあるドライバーみさき役を演じるのは、役者として活躍するとともに、「天気の子」の主題歌にボーカリストとして参加し、NHK紅白歌合戦でも歌声を披露した三浦透子。キーパーソンの俳優・高槻役を「さんかく窓の外側は夜」が公開中の岡田将生、秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役を「ノルウェイの森」などの霧島れいかが演じる。

 「ドライブ・マイ・カー」は、村上春樹の同名短編小説にほれ込んだ濱口竜介が、監督・脚本を手がけた作品。濱口は、商業映画デビュー作にしてカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「寝ても覚めても」などを監督。ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞した「スパイの妻<劇場版>」では、脚本を担当した。妻を失い、喪失感のなかで生きる舞台俳優の家福と、寡黙な専属ドライバーみさき。愛車サーブを通して出会った孤独な2人が、一筋の希望にたどり着くまでを描く。

ドライブ・マイ・カー
2021年夏、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド

新着コンテンツ