綾野剛主演・山本英夫原作「ホムンクルス」 台北金馬ファンタスティック映画祭でオープニング上映決定

映画スクエア

綾野剛主演・山本英夫原作「ホムンクルス」 台北金馬ファンタスティック映画祭でオープニング上映決定

「ホムンクルス」の写真をもっと見る

 山本英夫の漫画を綾野剛主演で映画化した「ホムンクルス」が、台湾・台北市で4月9日から始まる台北金馬ファンタスティック映画祭の、オープニング上映作品に決まった。

 台北金馬ファンタスティック映画祭は、1962年に台湾映画の普及を目的にスタートした映画祭「台湾金馬映画祭」の1つで、ファンタスティック系(ホラー、スリラー、SF、恋愛、コメディ)をメインに2010年よりスタートした。最近では、ロマン・ポランスキー監督、サム・ライミ監督、デイヴィッド・リンチ監督、宮藤官九郎監督らの作品が上映されており、今回の映画祭(上映会)には全部で50作品(うち日本映画8作品)が上映される。

 「ホムンクルス」は、2003年から2011年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載され、400万部の累計発行部数を誇るカルト的人気漫画の映画化作品。記憶も社会的地位もなくした主人公が、頭蓋骨に穴を開ける禁断の実験「トレパネーション」を受けて以来、人間の心の歪みが異形として見えるようになる・・・という物語。Netflixでの全世界独占配信が決定している。 

ホムンクルス
2021年4月2日期間限定公開
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

新着コンテンツ