濱口竜介監督の最新作「偶然と想像」12月公開 ベルリン映画祭銀熊賞受賞作 「偶然」をモチーフの短編集

映画スクエア

濱口竜介監督の最新作「偶然と想像」12月公開 ベルリン映画祭銀熊賞受賞作 「偶然」をモチーフの短編集

 第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した、濱口竜介監督の最新作「偶然と想像」が、12月17日よりBunkamuraル・シネマなどで全国劇場公開されることが決まった。Bunkamuraル・シネマで日本映画がロードショーされるのは、1989年の開館以来初となる。

 「偶然と想像」は、濱口竜介監督にとって初となる短編映画集。「偶然」をモチーフにした3つの短編が描かれる。ベルリン映画祭授賞式では、「一番の見どころはと問われたら“役者の皆さんの演技”だ」と答えた濱口監督。連続テレビ小説「エール」や「コントが始まる」などで存在感を放つ古川琴音をはじめ、中島歩、森郁月、甲斐翔真らフレッシュな顔ぶれが濱口作品に初出演しているほか、濱口組出演経験のある玄理、渋川清彦、占部房子、河井青葉ら、個性豊かな俳優陣も出演している。

 公開されたポスタービジュアルでは、3つの短編に出演するそれぞれの登場人物が軽やかなタッチで描かれており、「驚きと戸惑いの映画体験が、いま始まる―」のコピーが添えられている。

 12月17日からの劇場公開と同時に、オンラインでも公開される。本作を配給するInclineが新しく開設する配信プラットフォーム「Reel(リール)」にて、全国での劇場公開期間限定で有料配信される。詳細はInclineのホームページ(https://incline.life/)を参照のこと。

【作品情報】
偶然と想像
2021年12月17日(金)、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
配給:Incline
©︎ 2021 NEOPA / fictive

  • 作品

偶然と想像

公開年 2021年
製作国 日本
監督  濱口竜介
出演  古川琴音、中島歩、玄理、渋川清彦、森郁月、甲斐翔真、占部房子、河井青葉
新着コンテンツ