2人の女性を脅かす正体とは? ジャネール・モネイが二役を演じるスリラー映画「アンテベラム」公開決定

映画スクエア

2人の女性を脅かす正体とは? ジャネール・モネイが二役を演じるスリラー映画「アンテベラム」公開決定

 「ゲット・アウト」「アス」でプロデューサーを務めたショーン・マッキトリックによる新たなスリラー映画「アンテベラム」が、今秋に劇場公開されることが決まった。

 「アンテベラム」で描かれるのは、ヴェロニカとエデンという2人の女性の物語。公私ともに順風満帆の日々を送っていたヴェロニカが、突如として奈落の底に突き落とされていく姿を描く一方で、外界と隔絶した極限状況下で囚われているエデンという女性をめぐるアナザーストーリーも語られる。理不尽なワナに絡め取られてしまうヴェロニカと、軍服姿の傲慢な白人によって常に監視されているエデン。なぜ彼女たちは狙われ、監視され、捕らえられてしまったのか。彼女たちを脅かす正体とは何なのか。その先の衝撃の真実が描かれていく。

 主演を務めるのは、「ムーンライト」「ドリーム」のジャネール・モネイ。グラミー賞候補の常連シンガーでもあるモネイが、恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデンをひとりで演じ分ける。監督・脚本を務めるのは、新進気鋭の監督ユニットであるジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツの2人。人種差別問題などに関する公共広告やドキュメンタリーを製作してきた2人が、アメリカを揺るがしている人種や政治の分断というテーマを大胆に取り上げ、スリラーというジャンルの常識を破壊する問題作を作り出した。

 公開されたポスタービジュアルでは、不安げな表情のジャネール・モネイの顔が黒背景の中央に大きくレイアウトされ、助けを求めているような彼女の言葉を封じるように、血の滴る不気味な蝶が口元を隠している。さらに「この悪夢は、本物」のコピーや、「テ」の文字だけが反転しているタイトルなど、不気味さを全面に押し出したビジュアルとなっている。あわせて公開された場面写真では、何かにおびえるヴェロニカの顔に、今まさに背後からヴェロニカの口を押さえようと忍び寄る何者かの手が捉えられている。

2人の女性を脅かす正体とは? ジャネール・モネイが二役を演じるスリラー映画「アンテベラム」公開決定

【作品情報】
アンテベラム
2021年秋、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー
配給:キノフィルムズ
©2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

  • 作品

アンテベラム

公開年 2020年
製作国 アメリカ
監督  ジェラルド・ブッシュ、クリストファー・レンツ
出演  ジャネール・モネイ、エリック・ラング、ジェナ・マローン、ジャック・ヒューストン
新着コンテンツ