中川翼・長澤樹・生駒里奈・柳葉敏郎出演 秋田の田園背景に少年少女と大人描く 「光を追いかけて」公開

映画スクエア

中川翼・長澤樹・生駒里奈・柳葉敏郎出演 秋田の田園背景に少年少女と大人描く 「光を追いかけて」公開

 過疎化の進む秋田の美しい田園を背景に、傷つきやすい思春期の少年少女と大人たちの物語を描く映画「光を追いかけて」が、10月1日より全国公開(秋田では9月23日より先行公開)されることが決まった。

 「光を追いかけて」は、両親の離婚で父の故郷である秋田へと引っ越したものの、転校先になじめずにいる中学3年生の彰と、不登校のクラスメートである真希を中心とした作品。ある日空に浮かぶ“緑の光”を目撃した彰は、田んぼのミステリーサークルにたどりり着く。そこで出会った真希と彰は、共通の秘密を持ったことから近づき、日常が輝き始める。一方で彰たちの中学には、過疎化による閉校の日が迫っている。という物語が展開される。

 美しい少女との出会いを通じて成長していく中島彰を演じるのは、映画「僕だけがいない街」、ドラマ「青の SP(スクールポリス)‐学校内警察・嶋田隆平‐」などに出演した中川翼。そんな彰にだけ心を開く不登校のヒロイン・岡本真希は、「破壊の日」「卵と彩子」などの長澤樹が演じる。さらに、廃校となる中学校の教師役に生駒里奈、真希の叔父役に柳葉敏郎と、秋田出身の俳優が顔をそろえる。加えて、彰と真希の同級生役に中島セナ、彰の父親役に駿河太郎、中学校の教師役に小野塚勇人らが出演。主題歌「心解く」を、湯木慧が担当する。

 監督・共同脚本を担当するのは、CMディレクターとして600本もの作品を手掛けた成田洋一。自身も秋田市で思春期を過ごした成田監督は、「思春期、それは人生の中で一番不安定で、世界が毎日変わって見える時期かもしれません。私自身、恋愛、友情、勉強、親との関係で悩み、トンネルに入り、ようやく光を見つけたと思ったら、また入る、そんな毎日でした。でも、その光は大なり小なり輝いていて、必ず、必ず存在するのです。その繰り返しが人生だし、ほんのわずかな輝きがあるだけで人生はすこぶる楽しいのです」と、コメントを寄せている。

 公開された予告編では、光を失った町に引っ越してきて“大人になることを強いられる”彰と、“大人になることを拒否する”真希。閉校を哀しむ生徒たち、閉校をきっかけにあらわになる大人たちの抱く不安。そこにUFOやミステリーサークルの騒動が巻き起こる様子などが描き出されている。あわせて公開されたポスタービジュアルには、「光を望むな」「光となれ」のコピーとともに、彰と真希をはじめとした登場人物の姿が映し出されている。

【作品情報】
光を追いかけて
10月1日(金)グランドシネマサンシャイン池袋他全国順次公開
9月23日(木/祝)AL☆VE(アルヴェシアター/秋田)にて先行公開
配給:ラビットハウス
© 2021「光を追いかけて」製作委員会

光を追いかけて
  • 作品

光を追いかけて

「光を追いかけて」は、両親の離婚で父の故郷である秋田へと引っ越したものの、転校先・・・になじめずにいる中学3年生の彰と、不登校のクラスメートである真希を中心とした作品。ある日空に浮かぶ“緑の光”を目撃した彰は、田んぼのミステリーサークルにたどりり着く。そこで出会った真希と彰は、共通の秘密を持ったことから近づき、日常が輝き始め・・・
新着コンテンツ