末期がん宣告を受けるダコタ・ジョンソン 夫や親友とのかけがえのない日々 「アワー・フレンド」公開決定

映画スクエア

「Our Friend/アワー・フレンド」の写真をもっと見る

 全米雑誌大賞を受賞したエッセーの映画化作「Our Friend/アワー・フレンド」が、10月15日より劇場公開されることが決まった。

 「Our Friend/アワー・フレンド」は、2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット、妻で舞台女優のニコル、親友デインを描いた物語。ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変。妻の介護と子育ての負担がマットに重くのしかかる中、かつてマットとニコルに心を救われたデインが一家を支えるためにやってくる。2年に及ぶ闘病生活で、3人の思いと苦悩が交差する中で見つける希望を描く。

 原作は、2015年に「Esquire」誌に掲載され、全米雑誌大賞を受賞した、マシュー・ティーグが自身の経験をつづったエッセー「The Friend: Love Is Not a Big Enough Word」。メガホンを取るのは水族館のシャチとショービジネスについて描いたドキュメンタリー映画「BLACKFISH(原題)」を手がけたガブリエラ・カウパースウェイト。マット役を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが、妻ニコル役を「フィフティ・シェイズ」シリーズなどのダコタ・ジョンソンが演じる。2人の親友デイン役を、多くのコメディ作品に出演するジェイソン・シーゲルが務めている。

 公開された予告編では、仲の良いマット、ニコル、デインの姿が紹介されたあと、ニコルへの末期がんの告知によって状況が一変することが描かれる。「ケイティ・ペリーとデュエットしたい」などのとっぴなニコルのバケットリスト(死ぬまでにしたいことのリスト)を前にマットとデインが顔を見合わせ、死を前にしたニコルをマットが抱きしめるなど、3人で過ごせる残り少ないかけがえのない日々が、自然豊かなアラバマ州・フェアホープの街並みとともに映し出されている。

末期がん宣告を受けるダコタ・ジョンソン 夫や親友とのかけがえのない日々 「アワー・フレンド」公開決定

【作品情報】
Our Friend/アワー・フレンド
2021年10月15日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
配給:STAR CHANNEL MOVIES
© BBP Friend, LLC – 2020

  • 作品

Our Friend/アワー・フレンド

公開年 2019年
製作国 アメリカ
監督  ガブリエラ・カウパースウェイト
出演  ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ
新着コンテンツ