クエンティン・タランティーノの賛辞も アレクサンダー・ロックウェル監督作「スウィート・シング」予告編

映画スクエア

「スウィート・シング」の写真をもっと見る

 10月29日より劇場公開される、ジム・ジャームッシュらとともに⽶インディーズ界の雄として⼀世を⾵靡したアレクサンダー・ロックウェル監督作「スウィート・シング」の、予告編が公開された。

 公開された予告編には、酒に溺れる⽗アダム。家出して⼦供たちはそっちのけの⺟イヴ、そんな両親との暮らしの中で少年マリクに出会うビリーとニコの姿が切り取られている。逃⾛の旅を始める3⼈の⼦供たちはいきいきとした表情にあふれている。幻想的なパートカラーの映像やユニークな英字テロップなども映し出されているほか、映画監督クエンティン・タランティーノの「この数年に観た新作で、最もパワフルな作品の⼀つだ。」のコメントも収められている。BGMには、1960年代アメリカのシンガーであるカレン・ダルトンの「Something On Your Mind」が使⽤されている。

 「スウィート・シング」は、親に頼ることができず、⾃分たちで成⻑していかなくてはならない15歳の少⼥ビリーと11歳の弟ニコの物語。⼦育てのできない親たちという現代社会の問題を描きながらも、16ミリフィルムで撮影されたモノクロとパートカラーの映像は詩的で美しく、「スタンド・バイ・ミー」を思わせる⼦どもたちの幸福な冒険物語となっているという。インディーズにこだわり続けてきたアレクサンダー・ロックウェル監督による25年ぶりの日本劇場公開作で、監督の実の⼦どもたちが出演。ビリー役を娘のラナが、11歳の弟ニコ役を息⼦のニコが演じている。

クエンティン・タランティーノの賛辞も アレクサンダー・ロックウェル監督作「スウィート・シング」予告編

【作品情報】
スウィート・シング
2021年10月29日(金)より、ヒューマントラスト渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺他全国順次公開
配給:ムヴィオラ
©️2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED

  • 作品

スウィート・シング

公開年 2020年
製作国 アメリカ
監督  アレクサンダー・ロックウェル
出演  ラナ・ロックウェル、ニコ・ロックウェル、カリン・パーソンズ、ウィル・パットン
新着コンテンツ