長州力「観てみな!飛ぶぞ!!」 映画「グランパ・ウォーズ」アピール コメント映像公開

映画スクエア

 ロバート・デ・ニーロが部屋とプライドをかけて孫と真剣勝負を繰り広げる祖父を演じるコメディ映画「グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告」が、4月23日より劇場公開される。このたび、本作を鑑賞した長州力のコメント映像が公開された。

 「タクシードライバー」「スリーパーズ」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「ゴッドファーザー」シリーズなど、ロバート・デ・ニーロの出演作を”好きな映画”に挙げる長州力は、本作のデ・ニーロについて「すごい役者ですよね。コミカルな役まで。ロバート・デ・ニーロはなんでもやっちゃう」と称賛を贈っている。

 また長州は、「いい役者が揃っている!」と本作のキャスティングも称賛。一方で、デ・ニーロ演じるエドの友人役として登場したクリストファー・ウォーケンを「クリストファー・ウォーカン?ウォーキンですか」と言い間違えてしまう姿も見せる。

 作品の評価の話に移ると、「面白かった!」「オチが面白い!」と太鼓判。「孫に経験をさせる優しさもあり、厳しさもある中に“戦いがある”」と、自身のSNSやYouTubeで孫を溺愛している事を明かしている長州から見た、祖父=孫の関係にも触れている。最後は「この映画を観てみな!飛ぶぞ!!」と、作品をアピールしている。

 「グランパ・ウォーズ」は、頑固で意地っ張りなおじいちゃん・エドと孫のピーターが、部屋を巡って繰り広げる戦いを描いたコメディ。生意気な孫のピーターは、「ピートと秘密の友達」などのオークス・フェグリーが演じる。エドの娘サリーを演じるのは、「恋に落ちたら…」でデ・ニーロと共演したユマ・サーマン。エドの悪友で悪知恵を与えるジェリー役を、デ・ニーロとは「ディア・ハンター」以来の共演となるクリストファー・ウォーケンが演じている。監督は、「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」のティム・ヒルが務めている。

長州力「観てみな!飛ぶぞ!!」 映画「グランパ・ウォーズ」アピール コメント映像公開

【作品情報】
グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
2021年4月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
配給:パルコ/ユニバーサル映画
(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

新着コンテンツ