インドのミドルクラスに根強く残る家父長制と女性嫌悪描く 「グレート・インディアン・キッチン」公開決定

映画スクエア

インドのミドルクラスに根強く残る家父長制と女性嫌悪描く 「グレート・インディアン・キッチン」公開決定

 ありふれた家事労働の描写を通して、インドのミドルクラスを中心に根強く残る家父長制とミソジニー(女性嫌悪)を描いた映画「グレート・インディアン・キッチン」が、2022年1月21日より劇場公開されることが決まった。

 インド・ケーララ州北部のカリカットの町で、高位カーストの男女がお見合いで結婚する。夫は由緒ある家柄の出身で、伝統的な邸宅に暮らしている。中東育ちでモダンな生活様式になじんだ妻は、夫とその両親の同居する婚家に入るが、台所と寝室で男たちに奉仕するだけの生活に疑問を持ち始める。教育を受けた若い女性が、家父長制とミソジニー(女性嫌悪)に直面して味わうフラストレーションを、ドキュメンタリー・タッチで描いている。

 今年1月にインドの無名な配信サービスによってひっそりとオンライン封切りされた本作。ケーララ州の公用語マラヤーラム語で作られ、インド総人口の3%以下である約3,480万人を観客として見込み、宣伝らしい宣伝も行われなかった。公開後間もなく、主に女性の観客の間で評判となり、女性たちは自主的に宣伝活動を始め、アクセス集中のため弱小配信サイトのサーバが数日間ダウンする事態となった。そして、大手であるインド・アマゾンのプライムビデオによる配信がスタートし、やがて国内外の映画祭にも出品された。そんな本作の日本公開は、世界初の劇場一般公開となる。

【作品情報】
グレート・インディアン・キッチン
2022年1月21日(金)より新宿ピカデリー他全国順次ロードショー
配給:SPACEBOX
©Cinema Cooks, ©Mankind Cinemas, ©Symmetry Cinemas

新着コンテンツ