”ソーシャルディスタンスを越える恐怖” 全編zoomで制作されたホラー「ズーム」来年1月公開

映画スクエア

 全編Zoomで制作されたホラー「ズーム/見えない参加者」が、2021年1月15日より全国公開されることが決まった。決定とともに予告編が公開となった。

 予告編では、ロックダウン中のイギリスで、主催者のヘイリーが霊媒師を招き入れ、Zoomを介しての「交霊会」が行われる様子が描かれている。霊媒師の指示通りに、「部屋の電気を消す」「ロウソクに火をつける」「霊に呼びかける」という手順を進めていく参加者たち。すると本当に”見えない参加者”が現れ、「コップが突然割れる」「イスごと体を後ろに引かれる」などの不可思議な現象がメンバーを襲い始める。「悪霊の可能性もある」と見えない何かに恐怖を感じたメンバーが「交霊会」を終わらせようとするが、不可解な現象は止まらず、エスカレートしていく。ロックダウン中で外には逃げられない状況の中で、登場人物がすさまじい恐怖に襲われることが伝わってくる予告編となっている。

 「ズーム/見えない参加者」は、弱冠17才で初監督を務めた「Strings」で、英国インディペンデント映画賞レイダンス賞を史上最年少で受賞したロブ・サヴェッジが監督・脚本を担当した作品。オンライン飲み会で監督が仕掛けたいたずらがネット上で拡散されたことがきっかけで、アメリカ最大のホラー配信サービス「Shudder」で映画化された。配信直後に多くのメディアから絶賛され、ホラーのヒットメーカーであるジェイソン・ブラムも、Twitterで「最高傑作!!!!」と絶賛した。

 公開時には、撮影前のリハーサルでの「交霊会」で、実際に俳優の身に起きたという心霊現象の模様も、約5分間のメイキング動画として、本編終了後に鑑賞できる。

”ソーシャルディスタンスを越える恐怖” 全編zoomで制作されたホラー「ズーム」来年1月公開

ズーム/見えない参加者
2021年1月15日(金)新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、シネクイントほか全国にてロードショー
配給:ツイン
© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020 

新着コンテンツ