ダイアン・レイン、孫を巡ってレスリー・マンヴィルと一触即発 「すべてが変わった日」本編映像

映画スクエア

「すべてが変わった日」の写真をもっと見る

 8月6日より劇場公開される、ダイアン・レイン、ケビン・コスナー共演のサイコ・スリラー「すべてが変わった日」から、ダイアン・レイン演じるマーガレットとレスリー・マンヴィル演じるブランチが、孫を巡って一触即発の状態となるシーンの本編映像が公開された。

 公開された本編映像では、久しぶりの再会を喜ぶマーガレットが孫のジミーを抱きしめる姿から始まる。義理の娘ローナが再婚した相手の母親・ブランチは、ジミーに冷たく声をかけ、自分の足でベッドへ向かうよう指示をする。ブランチの高圧的な振る舞いに、顔色をうかがうだけのローナ。マーガレットがジミーを抱きかかえたままでいると、一家の用心棒的存在のビルが「逆らわないで お婆ちゃん ボスのルールだから」と不気味な笑みでにじり寄り、他のブランチの息子たちも敵意をむき出しにする。

 一触即発の雰囲気の本シーンによって、一家がブランチの絶対的支配下にあることや、マーガレットとジョージ(ケビン・コスナー)が向き合う相手の正体が明らかになっていく。物語が一気に加速する重要なシーンとなっている。

 このシーンが最も重要な場面の1つになることが分かっていたというトーマス・ベズーチャ監督は、リハーサルに立ち会って演技指導をし、俳優たちは撮影に入る前にいろいろと試すことができたという。監督は「ダイアンは舞台女優で、レスリー・マンヴィルも舞台女優です。ジェフリー・ドノヴァンは素晴らしいベテラン舞台俳優で、ケイリーの初仕事はロンドンの舞台でした。私はリハーサルが大好きで、彼らも同じです。一瞬の演技の中に隠された真実をともに発見する喜びがあるからです。ダイアン・レインやケビンといった映画スターにとって、今回の撮影はカメラを回さずにリズムをつかむ興味深い経験となりました」と、撮影を振り返っている。

 「すべてが変わった日」は、1960年代を舞台に、元保安官と妻が義理の娘と孫を取り戻そうとする物語の作品。妻を演じるダイアン・レインと元保安官を演じるケビン・コスナーのほか、「ファントム・スレッド」のレスリー・マンヴィルが、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長を演じている。ほかに「プライベート・ライフ」のケイリー・カーター、海外ドラマ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」で主演したジェフリー・ドノヴァン、「ディセンダント」のブーブー・スチュワートが出演している。全米興行収入ランキングで、初登場第1位を記録した。

ダイアン・レイン、孫を巡ってレスリー・マンヴィルと一触即発 「すべてが変わった日」本編映像

【作品情報】
すべてが変わった日
2021年8月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:パルコ ユニバーサル映画
©2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

  • 作品

すべてが変わった日

公開年 2020年
製作国 アメリカ、カナダ
監督  トーマス・ベズーチャ
出演  ダイアン・レイン、ケビン・コスナー、ケイリー・カーター、レスリー・マンヴィル
新着コンテンツ