現代アーティストのアマリア・ウルマン初監督作 「エル プラネタ」公開決定

映画スクエア

現代アーティストのアマリア・ウルマン初監督作 「エル プラネタ」公開決定

 アーティストとして注目を集めるアマリア・ウルマンの初長編監督作「エル プラネタ」が、2022年1月14日より劇場公開されることが決まった。

 「エル プラネタ」は、スペインの田舎町・ヒホンを舞台に、ロンドンでのファッション学生の生活を終えて母の元に戻ったレオと強制退去間際の母親が、貧困によるがけっぷちの状況にありながらも、ハッタリをきかせて身分不相応なスタイリッシュな生活を目指す姿を、滑稽に映し出す。

 本作が初長編監督作となる現代アーティストのアマリア・ウルマンは、2014年にInstagramとFacebookを起点にスタートしたアートパフォーマンスで脚光を浴び、2016年にはForbes誌の「世界を変える30歳未満の30人」のART&STYLE部門に選出されるなど、ミレニアム世代を代表するアーティストとして注目を集めている。本作では、監督・脚本に加え、主人公・レオを自ら演じている。また、レオの母役には実の母であるアレ・ウルマンを起用。実の親子ならではの間合いがフィルムに収められている。

【作品情報】
エル プラネタ
2022年1月14日(金)WHITE CINE QUINTO、新宿シネマカリテ他全国順次公開
配給:シンカ
© 2020 El Planeta LLC  All rights reserved

新着コンテンツ