山田杏奈、作間龍斗、芋生悠 ラブホテルで緊張感漂わせる 「ひらいて」場面写真

映画スクエア

山田杏奈、作間龍斗、芋生悠 ラブホテルで緊張感漂わせる 「ひらいて」場面写真

 本日より劇場公開がスタートした、高校生による禁断の三角関係を描いた映画「ひらいて」から、新たな場面写真が公開された。

 公開された場面写真は、ラブホテルにやって来た、愛(山田杏奈)、たとえ(作間龍斗)、美雪(芋生悠)を捉えたもの。たとえたち3人は、攻撃的なたとえの父の元から激しい雨の降る中を逃げ、ラブホテルに行き着く。雨でずぶぬれになった3人。たとえと美雪は手を取り合って寄り添っているのに対し、愛はそんな2人を少し離れたところからただじっと見つめている。それまでは、2人ずつのシーンが多かったが、恋人同士のたとえと美雪、たとえをずっと思っていた愛、愛と友情以上の関係を持っている美雪の3人がついに会する、緊張感漂うシーンとなっている。

 「ひらいて」は、高校生による禁断の三角関係を描いた、芥川賞作家の綿矢りさによる同名小説を映画化した作品。山田杏奈演じる主人公・木村愛の、愛する人の恋人を奪おうとする、エキセントリックでありながらも切実な純愛が描かれる。愛が思いを寄せる西村たとえを作間龍斗が、たとえの秘密の恋人・新藤美雪を芋生悠が演じる。ほかに、板谷由夏、萩原聖人らが出演している。

山田杏奈、作間龍斗、芋生悠 ラブホテルで緊張感漂わせる 「ひらいて」場面写真

【作品情報】
ひらいて
全国公開中
配給:ショウゲート
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
PG -12

新着コンテンツ