米統治下の沖縄 サンマの関税をめぐる裁判がやがてアメリカを追いつめる 「サンマデモクラシー」予告編

映画スクエア

「サンマデモクラシー」の写真をもっと見る

 沖縄テレビが製作したサンマの輸入関税の裁判をめぐるドキュメンタリー映画「サンマデモクラシー」が、7月3日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開され、7月17日より全国順次公開される。このたび、本作の予告編が公開された。

 公開された予告編は、ナレーションを担当した川平慈英による「沖縄はあめりかだったのか!?」という掛け声で始まる。そして、アメリカ世(ゆー)と呼ばれたアメリカによる統治時代の沖縄で、魚卸業の女将(おかみ)だった玉城ウシがサンマにかけられた関税に立ち向かったことや、大きなことを言うことからラッパと呼ばれた政治家の下里恵良や、“米軍(アメリカ)が最も恐れた政治家”と言われた瀬長亀次郎が加わり、やがてアメリカを追いつめる裁判に発展したことが描かれる。うちなー噺家・志ぃさ~による軽妙な語り口も収められている。

 「サンマデモクラシー」は、昨年3月に公開された映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」に続いて沖縄テレビが製作した、ドキュメンタリー映画第二弾。1963年の沖縄で玉城ウシが起こした、サンマにかけられていた輸入関税を無効として税金の還付を求め、やがて統治者アメリカとの自治権をかけた闘いに発展した”サンマ裁判”を追う。うちなー噺家・志ぃさ~がナビゲート。ナレーターは、川平慈英が務めている。

米統治下の沖縄 サンマの関税をめぐる裁判がやがてアメリカを追いつめる 「サンマデモクラシー」予告編

【作品情報】 
サンマデモクラシー
2021年7月17日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
2021年7月3日(土)より沖縄・桜坂劇場にて先行公開
配給:太秦
©沖縄テレビ放送

サンマデモクラシー
  • 作品

サンマデモクラシー

「サンマデモクラシー」は、昨年3月に公開された映画「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記・・・」に続いて沖縄テレビが製作した、ドキュメンタリー映画第二弾。1963年の沖縄で玉城ウシが起こした、サンマにかけられていた輸入関税を無効として税金の還付を求め、やがて統治者アメリカとの自治権をかけた闘いに発展した”サンマ裁判”を追う。うちなー・・・
新着コンテンツ