好きだった君へ: これからもずっと大好き

好きだった君へ: これからもずっと大好き
公開年
2021年
製作国
アメリカ
監督
マイケル・フィモナリ
出演
ラナ・コンドル、ノア・センティネオ、ジャネル・パリッシュ
「好きだった君へ: これからもずっと大好き」は、ジェニー・ハンの小説「Always and Forever, Lara Jean」を原作とした作品で、「好きだった君へ: これからもずっと大好き」「好きだった君へ: P.S.まだ大好きです」に続く三部作の最終章。高校最後の年を迎えたララ・ジーン・コヴィーが、恋人のピーターとの恋愛や進路について悩む姿を描く。ピーターと同じスタンフォード大学の入試に落ちてしまったララ・ジーンは、ニューヨーク大学への進学したいと思うが、それはピーターとは遠距離恋愛となってしまうことを意味していた。

シリーズ前作に引き続きマイケル・フィモナリが監督を務め、ララ・ジーン役のラナ・コンドルやピーター役のノア・センティネオも続投している。

アメリカの批評サイト「ロッテントマト」では、68のレビューにおいて78%の支持率(2021年6月6日現在)となっている。

ネットフリックス オリジナル映画一覧
新着コンテンツ