“強敵”ダリア&ダブズ登場 主題歌はポルノグラフィティ・岡野昭仁 「劇場版 七つの大罪」本予告公開

映画スクエア

“強敵”ダリア&ダブズ登場 主題歌はポルノグラフィティ・岡野昭仁 「劇場版 七つの大罪」本予告公開

 鈴木央によるマンガ「七つの大罪」の劇場版第2作となる「劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち」の本予告と本ポスタービジュアルが公開された。また、新たな敵として登場するダリアとダブズの声を中村悠一と神尾晋一郎が務め、主題歌をポルノグラフィティの岡野昭仁が担当することが発表された。

 原作では名前だけで姿が描かれることのなかった2代目妖精王のダリアと巨人族の名工ダブズが、強敵として登場する本作。本ポスターは原作者の鈴木央が描き下ろしたもので、ダリアとダブズが挑戦的な表情でメリオダスらの前に立ちはだかる姿が描かれ、最終決戦の熾烈(しれつ)さが描かれている。本予告では、ダリアとダブズの圧倒的なパワーの前に苦戦を強いられるメリオダスたちだったが、メリオダスが発した「俺たちは1人じゃねぇ」の言葉とともに反撃に出る〈七つの大罪〉とエリザベスたちの姿などが描かれている。

 2代目妖精王のダリアの声を、「呪術廻戦」の五条悟役などの中村悠一、巨人族の名工ダブズには「ヒプノシスマイク-Alternative Rap Battle-」の毒島メイソン理鶯役などの神尾晋一郎が担当することが発表された。さらに、ポルノグラフィティ・岡野昭仁が本作の主題歌を担当することも発表された。岡野は、テレビアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」の第1クールのオープニングテーマも担当していた。岡野は「劇場版でも携わることができ大変光栄です。「その先の光へ」という楽曲が、今作に寄り添う曲になっていれば嬉しく思います」とコメントしている。

 「七つの大罪」は、鈴木央による漫画作品。人間と人間ならざる種族の世界が分かれていなかった時代を舞台に、7人の大罪人による伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いている。「週刊少年マガジン」で約8年にわたって連載され、単行本の累計発行部数は3,700万部を突破。テレビアニメシリーズやゲームも発表され、2018年には映画「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」がオリジナルストーリーで公開された。最終章となるテレビアニメが1月からテレビ東京系で放送され、「光に呪われし者たち」は最終章のその先を描くオリジナルストーリーとなっている。

【コメント全文】

■主題歌歌唱・岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
TVアニメ版に続き、劇場版でも携わることができ大変光栄です。
今作は「七つの大罪」の集大成、完全オリジナルストーリーということで、いち視聴者としても非常に楽しみにしております。
「その先の光へ」という楽曲が、今作に寄り添う曲になっていれば嬉しく思います。

【作品情報】
劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち
2021年7月2日全国公開
配給:東映
© 鈴木央・講談社/2021「劇場版 七つの大罪」製作委員会

  • 作品

劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち

公開年 2021年
製作国 日本
監督  浜名孝行
出演  (声)梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾
新着コンテンツ