土屋太鳳とCOCO 撮影現場では「こっちん」「太鳳ちん」と呼び合う 「哀愁しんでれら」で義理の親子役

映画スクエア

土屋太鳳とCOCO 撮影現場では「こっちん」「太鳳ちん」と呼び合う 「哀愁しんでれら」で義理の親子役

 土屋太鳳、田中圭が出演する映画「哀愁しんでれら」(2月5日劇場公開)の完成報告会が19日に都内で開かれ、出演者の土屋太鳳、田中圭、COCOや渡部亮平監督らが登壇した。

 土屋太鳳の義理の娘を演じたCOCOは、60万人のフォロワーを持つ10歳のキッズインストグラマー。本作が演技初挑戦となったことについて聞かれると、「初めてのシーンは緊張したんですけど、みなさんが優しくサポートしてくれたので、次のシーンから楽しく演技することができました」と、会場にどよめきが起こるほどの落ち着いたコメント。横にいた土屋は「すごいよ、こっちん」と声をかけ、COCOからは「太鳳ちん」と呼ばれていることを明かした。

 演技初挑戦のCOCOに対して特訓をしたという渡部監督が「大変だったよね」と声をかけると、COCOは「大変だったんですけど、やっているうちにどんどん楽しくなっていった」と返答。渡部監督は、「(特訓では)厳しく言っちゃったりもしたけど、苦しいのをすごく楽しんでくれていて、こっちも一緒にがんばれた気がします」と振り返っていた。

 「哀愁しんでれら」は、平凡な毎日を送っていたものの家族・家業・彼氏を一晩で失った小春が、8歳の娘・ヒカリを男手ひとつで育てる開業医の大悟と出会い、王子様のような大悟と結婚して幸せを得たかに思われたが、その先には想像もできない毎日が待っていた・・・という内容の作品。土屋太鳳が小春を、田中圭が大悟を、ヒカリをCOCOが演じている。

哀愁しんでれら
2021年2月5日(金)全国公開
配給:クロックワークス
©️2021 「哀愁しんでれら」製作委員会

新着コンテンツ