ミニ・マシュマロマン クッキーとチョコに挟まり焼かれる 「ゴーストバスターズ」最新作 場面写真

映画スクエア

ミニ・マシュマロマン クッキーとチョコに挟まり焼かれる 「ゴーストバスターズ」最新作 場面写真

 2022年2月4日に劇場公開される、「ゴーストバスターズ」シリーズの約30年ぶりとなる続編「ゴーストバスターズ/アフターライフ」から、ECTO-1やゴーストトラップなどおなじみのガジェットや、小さくなって帰ってきたミニ・マシュマロマンらゴーストの、新たな場面写真が公開された。

 ゴースト退治の必須アイテムである、元祖ゴーストバスターズがニューヨークの街中を走り回った、“ゴーストマーク”の描かれたキャデラック”ECTO-1(エクトワン)”と、ゴースト捕獲装置プロトンパックで捕まえたゴーストを閉じ込めておける”ゴーストトラップ”。場面写真では、ECTO-1の前に主人公のフィービーたちが立ち、フィービーの学校の先生であるポール・ラッド演じるグルーバーソンがゴーストトラップを手にしている。

ミニ・マシュマロマン クッキーとチョコに挟まり焼かれる 「ゴーストバスターズ」最新作 場面写真

ミニ・マシュマロマン クッキーとチョコに挟まり焼かれる 「ゴーストバスターズ」最新作 場面写真

 さらに、ぷにぷにした見た目がキュートな“ミニ・マシュマロマン“と、金属を好んで食べる6本足の緑色のゴースト“マンチャー”の場面写真も公開された。ミニ・マシュマロマンの1人がクッキーとチョコレートの間に挟まりバーナーで焼かれるという、自虐的でシュールな一面も描かれている。また、マンチャーはプロトンビームで捕まってしまう姿が捉えられている。

ミニ・マシュマロマン クッキーとチョコに挟まり焼かれる 「ゴーストバスターズ」最新作 場面写真

 オリジナル版を手掛けたアイヴァン・ライトマン監督は「僕がゴーストの中で一番お気に入りなのはマンチャーなんだ。ゴーストで重要なのは、恐ろしさとユーモアを兼ね備えていること。『ゴーストバスターズ』で巨大なマシュマロマンが悪さをしても、みんな笑っていたよね。そうしたスピリットを息子のジェイソン(本作品の監督)はしっかりと捉えつつ、新しいものを生み出しているよ」と太鼓判を押している。

 「ゴーストバスターズ/アフターライフ」は、ニューヨークを救った「ゴーストバスターズ」の1人の孫娘フィービーを主人公にした、約30年ぶりとなる続編。頭脳明晰な少女フィービーを演じるのは、「gifted/ギフテッド」で天才児を演じたマッケナ・グレイス。フィービーの兄役は「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のフィン・ウルフハードが務め、兄妹を手助けすることになる学校の教師を「アントマン」シリーズなどのポール・ラッドが演じる。監督は、「ゴーストバスターズ」の1作目と続編を監督したアイヴァン・ライトマンの息子であるジェイソン・ライトマンが務めている。

【作品情報】 
ゴーストバスターズ/アフターライフ
2022年2月4日(金)全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

新着コンテンツ