包帯姿でシャッターを切るジョニー・デップの姿 水俣を撮影した写真家役 「MINAMATA」場面写真

映画スクエア

包帯姿でシャッターを切るジョニー・デップの姿 水俣を撮影した写真家役 「MINAMATA」場面写真

「MINAMATA―ミナマタ―」の写真をもっと見る

 9月23日より劇場公開される、ジョニー・デップ製作・主演最新作「MINAMATA―ミナマタ―」から、ジョニー・デップが演じたユージン・スミスの姿を切り取った場面写真が公開された。

 公開された場面写真では、真剣な面持ちのユージン・スミスが暗室で現像する姿、部屋で独り考え込む姿、無数の写真の中で物思いにふける姿、暴行を受けて包帯を全身に巻きながらも写真を撮る姿など、孤独を抱えながらも水俣について世界に発信しようとする姿が捉えられている。

包帯姿でシャッターを切るジョニー・デップの姿 水俣を撮影した写真家役 「MINAMATA」場面写真

包帯姿でシャッターを切るジョニー・デップの姿 水俣を撮影した写真家役 「MINAMATA」場面写真

包帯姿でシャッターを切るジョニー・デップの姿 水俣を撮影した写真家役 「MINAMATA」場面写真

 本作のオファーを受ける前からユージン・スミスに憧れを抱いていたというジョニー・デップ。スミスに憧れる理由について、「スミスは複雑な性格の男で、数々の苦難を経験し重傷を負って孤独だった。また、ユーモアのセンスもある人で、『Wはなんの略ですか?』と聞かれると『ワンダフル』と答えていたそうだ。そんな彼が、自分をかなぐり捨てて水俣に飛び込んだ。それほど心を動かされたんだ」「僕が尊敬するのはユージン・スミスのような、反動を恐れることなく闘い続ける人々だよ」と語っている。

 「MINAMATA―ミナマタ―」は、妻のアイリーン・美緒子・スミスとともに、1975年に写真集「MINAMATA」を発表した写真家・ユージン・スミスを、ジョニー・デップが演じた作品。報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージンが、当時の妻アイリーンとともに水俣を訪れ、1971年から1974年にかけて水俣で暮らし、人々の日常や抗議運動などを何百枚もの写真に収めていく日々が、ドラマチックに描かれる。ビル・ナイ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子らが共演している。

【作品情報】
MINAMATA―ミナマタ―
2021年9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開
配給:ロングライド、アルバトロス・フィルム
© 2020 MINAMATA FILM, LLC
写真コピーライト:© Larry Horricks 

  • 作品

MINAMATA―ミナマタ―

公開年 2020年
製作国 アメリカ
監督  アンドリュー・レヴィタス
出演  ジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子、ビル・ナイ
新着コンテンツ