原爆で焼け落ちた浦上天主堂マリア像を盗む2人の女性 さだまさしの主題歌も 映画「祈り」予告編公開

映画スクエア

「祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―」の写真をもっと見る

 戦争・被爆のつめあとが色濃く残る昭和32年の長崎を舞台に、焼け落ちた浦上天主堂に残るマリア像を人知れず運び出そうとする2人の女性を描いた映画「祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―」が、8月13日より長崎で先行公開され、8月20日より全国公開される。このたび、本作の予告編が公開された。

 公開された予告編は、長崎に原爆が落とされた実際の映像から始まる。瓦礫(がれき)と化した浦上天主堂に残るマリア像を前に祈りをささげるカトリック信徒の鹿(高島礼子)の姿が映し出されたあと、昭和32年の長崎を舞台にマリア像を盗み出そうとする鹿や忍(黒谷友香)が描かれる。さらに、さだまさしが歌う主題歌「祈り」が流れる中、それぞれの立場で戦後を必死に生きようとする、田辺誠一、金児憲史、村田雄浩、寺田農、柄本明、温水洋一らが演じる人々の姿も切り取られ、終わりには、美輪明宏による被爆マリア像の声も聞くことができる。

 「祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―」は、長崎市に生まれの劇作家・演出家である田中千禾夫(ちかお)が1959年に発表した戯曲「マリアの首-幻に長崎を想う曲-」を原作とした作品。被爆によってケロイドを持つカトリック信徒・鹿役を高島礼子が、詩集を売りながら原爆の跡地で自分を犯した憎き男を探している忍役を黒谷友香が務める。さらに、田辺誠一、金児憲史、村田雄浩、寺田農、柄本明、温水洋一らが脇を固め、美輪明宏が「マリア像」の声を担当している。「天心」「サクラ花 桜花最期の特攻」「ある町の高い煙突」などの松村克弥が監督を担当している。

原爆で焼け落ちた浦上天主堂マリア像を盗む2人の女性 さだまさしの主題歌も 映画「祈り」予告編公開

【作品情報】
祈り ―幻に長崎を想う刻―
2021年8月20日(金)より、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー
2021年8月13日(金)より、ユナイテッド・シネマ長崎にて先行公開
配給:ラビットハウス/Kムーブ
©2021 Kムーブ/サクラプロジェクト

祈り ―幻に長崎を想う刻―
  • 作品

祈り ―幻に長崎を想う刻―

「祈り ―幻に長崎を想う刻(とき)―」は、明治時代の長崎市に生まれ、文学座創設へ・・・の参加や岸田国士戯曲賞の審査員を務めるなど、1990年に亡くなるまで劇作家・演出家として活躍した田中千禾夫(ちかお)が1959年に発表した戯曲「マリアの首-幻に長崎を想う曲-」を原作とした作品。”戦争と原爆の悲惨さを後世に伝えたい”と書かれ・・・
新着コンテンツ