号泣する中島健人 松本穂香との儚くも美しい恋 「桜のような僕の恋人」ティザー予告

映画スクエア

 2022年3月24日よりNetflixで配信される、宇山佳佑の同名恋愛小説の映画化作「桜のような僕の恋人」の、ティザー予告とティザーアートが公開された。

 公開されたティザー予告では、「始まりは耳たぶだった」のセリフとともに、晴人(中島健人)の耳たぶが切ってしまい謝る美容師の美咲(松本穂香)の姿が映し出される。このことがきっかけでデートをするようになった2人が、やがて付き合い始め、かけがえのない時間を過ごすことが描かれる。そして場面が変わり、美しい桜の映像とともに、「ねぇ、晴人くん。ずっと一緒に歳をとっていければよかったのにね。」「僕は春が来ると、君のことを思い出すんだ。桜のような僕の恋人を。」と別れを予感させるセリフが流れ、号泣する晴人が映し出される。

 あわせて公開されたティーザーアートでは、鮮やかなピンク色の桜を背景に、写真の中の晴人と美咲が幸せそうな表情を見せている。劇中でカメラマンを目指している晴人が撮影する「写真」は、物語のキーワードとなっている。

 2017年に発売された原作「桜のような僕の恋人」は、泣ける恋愛小説として話題を呼び、発行部数50万部を超える大ヒットとなった。「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症した美容師の有明美咲と、諦めかけていたカメラマンへの夢をかなえるようとする朝倉晴人が、同じ速度で歳月を重ねることができない現実に対して出した“二人の歩み方”を描く。かねてより原作ファンを公言していた中島が主人公の朝倉晴人を演じ、有明美咲役を松本穂香が務める。「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」などの深川栄洋監督がメガホンを取る。

号泣する中島健人 松本穂香との儚くも美しい恋 「桜のような僕の恋人」ティザー予告

【作品情報】
Netflix映画「桜のような僕の恋人」
2022年3月24日(木)Netflixにて全世界同時配信

新着コンテンツ