TVプロデューサー=長澤まさみ、元殺人犯=役所広司に取材依頼 「すばらしき世界」本編映像

映画スクエア

 主演・役所広司、監督&脚本・西川美和の映画「すばらしき世界」(2月11日劇場公開)から、本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、テレビプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)と若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)が、アパートのドアのポスト穴から中をのぞき、三上(役所広司)に気づかれるシーンから始まる。場面は一転して焼肉屋になり、元殺人犯で人生の大半を刑務所で過ごした三上が、外の世界で思うようにいかないことが語られる。まともに生きようとしてもきっかけをつかめない三上に、更生する姿を番組にしたいと話す吉澤。話が違うことに戸惑う三上に吉澤は、「社会のレールから外れた人が、今ほど生きづらい世の中ってないと思うんです」と語りかける。

 「すばらしき世界」は、直木賞作家・佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案とし、西川美和が監督・脚本を手がけた作品。西川にとって初めて実在の人物をモデルとした原案小説をもとにした作品で、舞台を約35年後の現代に置き換えて、徹底した取材を通じて映画化に挑んでいる。生きづらい社会の中で、一度レールを外れても懸命にやり直そうとする実在の男と、彼を追う若きテレビマンのカメラを通して、社会と人間の「今」を描いている。

TVプロデューサー=長澤まさみ、元殺人犯=役所広司に取材依頼 「すばらしき世界」本編映像

すばらしき世界
2021年2月11日全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
©佐木隆三/2021 「すばらしき世界」製作委員会

新着コンテンツ