スーダン内戦で戦火を走った少年 五輪で祖国の期待を背負って走る ドキュメンタリー映画公開

映画スクエア

スーダン内戦で戦火を走った少年 五輪で祖国の期待を背負って走る ドキュメンタリー映画公開

「戦火のランナー」の写真をもっと見る

 内戦中のスーダンの難民キャンプから脱走したあとにアメリカに渡り、陸上選手となったグオル・マリアルを追ったドキュメンタリー映画「戦火のランナー」が、6月5日より劇場公開されることが決まった。

 グオル・マリアルは、内戦が続いていたスーダンに生まれ、両親が8歳の時にグオルの命を守るために村から逃がされる。武装勢力に捕まってしまうグオルだったが、走って逃げることに成功。難民キャンプで保護され、幸運にもアメリカで難民として永住権を獲得する。高校に入学すると陸上で実力を発揮。初めて走ったマラソンで2012年のロンドン五輪出場資格を得る。建国されたばかりの南スーダンには国内オリンピック委員会がないために参加が危ぶまれるが、個人参加選手としての出場を認められ、祖国南スーダンと人々の期待を背負ってマラソンに出場する。

 「戦火のランナー」はそんなグオル・マリアルの人生を追った作品となっている。

戦火のランナー
2021年6月5日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
配給:ユナイテッドピープル
(c)Bill Gallagher

新着コンテンツ