「Once In A Lifetime」を歌い踊るデイヴィッド・バーン 「アメリカン・ユートピア」本編映像公開

映画スクエア

 デイヴィッド・バーンのアルバム「アメリカン・ユートピア」を元にしたブロードウェイのショーを映像化した映画「アメリカン・ユートピア」から、本編映像が公開された。

 公開された本編映像は、トーキング・ヘッズの人気ナンバーでもある「Once In A Lifetime」の演奏シーン。マリオネットのように踊るデイヴィッド・バーンが映し出され、イントロが流れると観客は沸き上がる。スポットライトを浴びながら語りかけるように歌うデイヴィッド。そしてサビでは11人のミュージシャンが合流し、1列に並んでのパフォーマンスと美しいハーモニーが披露される。

 「アメリカン・ユートピア」は、2018 年にデイヴィッド・バーンが発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」のワールドツアー後、19 年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台を映像化した作品。デイヴィッド・バーンがスパイク・リーに声をかけたことで、映画化が実現した。バーンが、マイクやドラムセットもなくした何もない舞台上を、11人のミュージシャンやダンサーと縦横無尽に動きまわる。また、コミュニケーションの大切さ、選挙の重要性、人種問題など、現代を生きる人々に対して問題を問いかける内容となっている。

「Once In A Lifetime」を歌い踊るデイヴィッド・バーン 「アメリカン・ユートピア」本編映像公開

【作品情報】
アメリカン・ユートピア
2021年5月7日(金)TOHO シネマズ シャンテ・渋谷シネクイント他全国ロードショー
配給:パルコ
©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

新着コンテンツ