有村架純 心に残る作品を届けたい思い「強くなった」 「人と仕事」で役者という仕事に思い巡らす

映画スクエア

有村架純 心に残る作品を届けたい思い「強くなった」 「人と仕事」で役者という仕事に思い巡らす

 10月8日より劇場公開される、有村架純と志尊淳がコロナ禍で働く人々に話を聞くドキュメンタリー映画「人と仕事」の完成報告生配信イベントが、16日に都内で開催され、出演者の有村架純、志尊淳と森ガキ侑大監督が登壇した。

 コロナ禍のエッセンシャルワーカーの人々に話を聞くという、これまでにない経験をした有村と志尊の2人。志尊は、「寄り添いたいという気持ちで接してはいるんですけど、簡単に”わかります”って言葉も伝えられなくて」「何が聞けたんだろうと思ってしまうこともたくさんあった」と葛藤があったことを語った。有村は、「ただただ聞くことしかできなかった」と語りつつ、「撮影だからこういうことを言ったほうがいいんだろうなという雑念を全部捨てて、自分がしゃべりたいこと聞きたいことを、なるべく自分の言葉で話すようにした」と振り返った。

 映画内で2人は、役者という職業についても語っている。あらためて今の考えを聞かれた有村は、現場で結果を残せるように努めることはコロナ禍の前と変わらないものの、「みなさんの心に残る作品を届けていきたいなという思う気持ちは強くなった気がします」と思いを明かした。志尊は役者だからということはなく「自分ができることを精一杯やりたい」と話した。

 「人と仕事」は、有村架純と志尊淳がそのままの“自分”としてスクリーンに登場し、エッセンシャルワーカーと呼ばれる人々や市井の人々の声を聞くドキュメンタリー映画。保育士や農業などの職業に従事している人々のもとに赴いた2人が、ありのままの言葉や表情で現代社会の陰影を浮き彫りにしていく。さらに、2人が自分自身の仕事をあらためて見つめ直し、仕事人の1人として現代社会と向き合う姿が捉えられている。「さんかく窓の外側は夜」などの森ガキ侑大が監督を担当。森ガキ監督にとって、大学在学中以来17年ぶりのドキュメンタリー制作となった。

有村架純 心に残る作品を届けたい思い「強くなった」 「人と仕事」で役者という仕事に思い巡らす

【作品情報】
人と仕事
2021年10月8日(金)より全国3週間限定劇場上映
配給:スターサンズ/KADOKAWA
©︎2021『人と仕事』製作委員会

  • 作品

人と仕事

公開年 2021年
製作国 日本
監督  森ガキ侑大
出演  有村架純、志尊淳
新着コンテンツ