水原希子「2人の強い生命力を感じてもらいたい」 2階からジャンプする姿も 「彼女」メイキング映像公開

映画スクエア

水原希子「2人の強い生命力を感じてもらいたい」 2階からジャンプする姿も 「彼女」メイキング映像公開

 現在配信中の、水原希子とさとうほなみが共演するNetflix映画「彼女」から、メイキング映像が公開された。

 公開されたメイキング映像では、水原希子とさとうほなみが2人で2階の窓から飛び降りるアクションの撮影や、日の出前の暗い海岸で廣木隆一監督と2人が演出について話し合う様子などが切り取られている。

 あわせて収録されているインタビューでは、水原は「多分ここまで自分をむき出しにして、役者としてチャレンジしたことはなかったかなと思う。なかなかそういう作品だったり映画だったりそういう役に出会えることは少ないんじゃないかなと思った」と、本作での役作りが新鮮なものだったことを語っている。さとうは、「長編作品にがっつりと関わらせてもらうのが初めて。芝居としても自分自身としてもずっと成長して生きていきたいと思っています」と、自身の成長とも重ねて演じたことをコメント。そして「ちょっと(芝居が)できたかなって感じです」と照れ笑いも見せている。

 廣木隆一監督は、水原とさとうについて「彼女たちの表情がどんどん変わっていくし、レイと七恵になっていってくれているし、あの2人にしかできないものができたからすごいなと思う」と手応えを語っている。

 また本作についてさとうは「人と人とのぶつかり合い」と表現。水原は「生きていくこと、愛することで見える景色があると思うし、2人の強い生命力を感じてもらいたい」とメッセージを贈っている。

 「彼女」は、同性愛者の永澤レイと夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵による極限の愛憎を描いた、中村珍の漫画「羣青」を原作とした作品。高校時代から七恵に恋をしていたレイは、七恵のために夫を殺害。互いに愛を欲しながら、絡み合わない思いをぶつけあうレイと七恵の逃避行が描かれる。メガホンをとるのは「ヴァイブレータ」「軽蔑」「ここは退屈迎えに来て」などで、孤独を感じている人々を描き出してきた廣木隆一監督。自由気ままに見えて生きづらさを感じている永澤レイを水原希子、DVを受けて人生に絶望している篠田七恵をさとうほなみが演じている。

【作品情報】
Netflix映画『彼女』
Netflixにて全世界独占配信中

新着コンテンツ