林遣都&小松菜奈 夕日を背にロマンティックな自転車2人乗り 「恋する寄生虫」場面写真

映画スクエア

林遣都&小松菜奈 夕日を背にロマンティックな自転車2人乗り 「恋する寄生虫」場面写真

「恋する寄生虫」の写真をもっと見る

 三秋縋の同名小説を林遣都と小松菜奈のダブル主演で映画化した「恋する寄生虫」の劇場公開日が11月12日に決まり、新たな場面写真が公開された。

 公開された場面写真では、ヘッドフォンを”鎧”として身に着けて外部の世界を遮断して歩く佐薙ひじり(小松菜奈)の姿、そんな佐薙と“社会に適応するためのリハビリ”と称したデートをする高坂賢吾(林遣都)の姿、夕日を背に自転車で2人乗りをするロマンチックな姿など、主人公2人の距離が少しずつ近づいていく様子が捉えられている。出会った日からまるで運命のように惹かれ合っていく、人と接することを恐れて生きてきた高坂と佐薙。そんな2人の屈託のない笑顔も切り取られている。

林遣都&小松菜奈 夕日を背にロマンティックな自転車2人乗り 「恋する寄生虫」場面写真

林遣都&小松菜奈 夕日を背にロマンティックな自転車2人乗り 「恋する寄生虫」場面写真

 林と小松が共演するのは、本作が初めて。“虫”によって恋に落ちるというフェイクとリアルが混在するラブストーリーに、撮影中は何度もディスカッションを重ね、互いに支え合いながら演技プランを作り上げていったという。林と小松の化学反応によって、他者を拒絶しながらも臆病に惹かれ合っていく高坂と佐薙というキャラクターの魅力が描き出されている。

 「恋する寄生虫」は、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾と、寄生虫が好きで視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙ひじりによるラブストーリー。15万部を突破した三秋縋の同名小説を原案としている。「ドラゴン桜」や映画「犬部!」の林遣都が高坂を、「溺れるナイフ」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「糸」などでラブストーリーのヒロインを演じてきた小松菜奈が佐薙を演じる。CMやミュージックビデオを手がけてきた柿本ケンサクが監督を務め、「長い散歩」「眉山―びざん―」の山室有紀子が脚本を担当している。

【作品情報】
恋する寄生虫
2021年11月12日(金)全国ロードショー
配給:KADOKAWA
©2021「恋する寄生虫」製作委員会

新着コンテンツ