007/カジノ・ロワイヤル

ネタバレが含まれている場合があります。

007/カジノ・ロワイヤル
公開年
2006年
製作国
イギリス、アメリカ
監督
マーティン・キャンベル
出演
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジュディ・デンチ
「007/カジノ・ロワイヤル」は、スパイのジェームズ・ボンドの活躍を描く「007」シリーズの第21作目。イアン・フレミングの原作では1作目だが、権利の問題でシリーズ外のパロディ作品として映画化されていた「カジノ・ロワイヤル」を元にしている。

前作までボンドを演じたピアース・ブロスナンに代わり、ダニエル・クレイグが起用された。これまでのボンド役の俳優と比較して身長が低い(178cm)ことや、初めての金髪のボンドとなったことなどから、シリーズのファンからはバッシングが起こった。だが、公開されると好評で、英国アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。

興行的には、北米で1億6千万ドル以上の興行収入を上げ、これまでの「007」シリーズで最高の結果を上げた。世界の興行収入は、5億9千万ドルを超えた。日本でも、興行収入が22億円を超えるヒットとなり、2007年の洋画の12位となった。

プラハ

チェコのプラハ。まだ007となっていないジェームズ・ボンドが、組織を裏切った局長を殺害する。局長と部下の2人を殺害したボンドは、00(ダブルオー)となる資格を得る。ウガンダでは、ミスター・ホワイトの仲介で、ル・シッフルがテロ組織のオバンノから資金を預かる。ル・シッフルはテロ組織の金を運用して利益を出していた。ル・シッフルは、スカイフリート社の株の空売りをブローカーに命じる

  

マダガスカルでのチェイス

マダガスカル。モロカという男を見張っているボンドは、相棒の動きによってモロカに気づかれてしまう。ボンドは、工事現場にモロコを追いかけ、クレーンで格闘になる。ナムブツ大使館に逃げ込んだモロカだったが、ボンドは国際法を破って大使館の中まで追いかけ、モロカを捕らえる。大使館の兵士に囲まれたボンドは、モロカとガスボンベを撃ち、爆発にまぎれて逃げる。ボンドは、モロカのバッグから爆弾と「エリプシス」という人物からの着信がある携帯電話を見つける。
工事現場でのチェイス
シーン 007/カジノ・ロワイヤル

工事現場でのチェイス

マダガスカルで、顔に傷のある男モロカを監視するボンド。ボンドの相棒が耳に手を当て・・・たことから怪しまれ、モロカは逃げ出す。工事現場へと逃げ込んだモロカを、ボンドが追う。高い身体能力でスルスルと工事現場を登っていくモロカ。ボンドもクレーンなどを駆使してモロカを追う。高所の足場が不安定な場所で、モロカはボンドを銃で撃とうとする・・・

  

バハマへ

ボンドが起こした事件がマスコミに報道され、MI6の局長のMは怒っている。自宅に戻ったMは、家の中に入り込んだボンドに気づく。Mはボンドの傲慢さをたしなめる。ボンドは、携帯電話の「エリプシス」の発信場所が、バハマのビーチであることを突き止める。バハマにやって来たボンドは、警備室の監視カメラの映像から、エリプシスがディミトリオスという人物であることを知る。

  

工事現場でのチェイス
シーン 007/カジノ・ロワイヤル

工事現場でのチェイス

マダガスカルで、顔に傷のある男モロカを監視するボンド。ボンドの相棒が耳に手を当て・・・たことから怪しまれ、モロカは逃げ出す。工事現場へと逃げ込んだモロカを、ボンドが追う。高い身体能力でスルスルと工事現場を登っていくモロカ。ボンドもクレーンなどを駆使してモロカを追う。高所の足場が不安定な場所で、モロカはボンドを銃で撃とうとする・・・
人物 007/カジノ・ロワイヤル

ジェームズ・ボンド

俳優:ダニエル・クレイグ ジェームズ・ボンドは、イギリスの諜報組織MI6に所属するスパイである、映画「00・・・7/カジノ・ロワイヤル」の登場人物。映画の始まりでは、殺しのライセンスを持つ「00(ダブルオー)」には認定されていない。内部の裏切り者であるプラハ局長を殺害した功績から、昇格して007となる。テロ組織から預かった金を運用するル・シッフルとい・・・
人物 007/カジノ・ロワイヤル

ヴェスパー・リンド

俳優:エヴァ・グリーン ヴェスパー・リンドは、金融活動部に務める女性である、映画「007/カジノ・ロワイ・・・ヤル」の登場人物。金融活動部はマネーロンダリング対策のために活動している国際機関で、モンテネグロでのポーカー大会にボンドが参加するために必要な1,000万ドルを融通した。ヴェスパーは、監視役としてモンテネグロに派遣される。名前のヴェスパーに・・・
人物 007/カジノ・ロワイヤル

ル・シッフル

俳優:マッツ・ミケルセン ル・シッフルは、テロ組織から預かった金の資金洗浄・運用を行っている人物である、映・・・画「007/カジノ・ロワイヤル」の登場人物。数学の天才で、チェスやポーカーを好む。ポーカーの際には、数学の才能を活用する。アルバニア人。左目の涙腺に異常があり、血の涙を流す姿を見せる。喘息の薬の吸入器を持ち歩き、時折吸引する。金髪の恋人のヴ・・・
セリフ 007/カジノ・ロワイヤル

ボンド「そうだな。ずっと楽だ」

0:03:20頃 プラハ局長のドライデンが裏切り者であることをつかんだMI6は、・・・ボンドを派遣する。局長の部屋でのドライデンとボンドのやりとり。ドライデンと会う前に、ボンドはドライデンの手下を殺していた。ドライデンを殺したボンドは、殺しのライセンスを持つ「00(ダブルオー)」の条件である2人の殺人を実行したことになる。・・・
セリフ 007/カジノ・ロワイヤル

M「昔は、こんなバカなことをした諜報員は、他国に亡命する良識があった。冷戦が懐かしいわ」

0:21:45頃 殺しのライセンスを持つ「00(ダブルオー)」となったボンドは、・・・マダガスカルでの任務で、国際法を無視して他国の大使館に入り込み、殺人を行った。このことは世界に報道され、ボンドの上司であるMは政府への説明に追われていた。政府への説明を終えたMのグチの言葉。・・・
セリフ 007/カジノ・ロワイヤル

M「あと一言でも何か言ったら、あなたを殺させるわよ」

0:23:55頃 コンピューターに詳しいボンドは、上司のMの住所や本名を調べ上げ・・・ていた。Mが自宅に帰ると、そこにはボンドの姿がある。ボンドに対するいら立ちを抑えきれないMの言葉。Mの意味は本作では明らかにならない。・・・
音楽 007/カジノ・ロワイヤル

You Know My Name(主題歌)

「You Know My Name」は、「007/カジノ・ロワイヤル」の主題歌で・・・、アメリカのミュージシャンであるクリス・コーネルが歌った。オープニングタイトルとエンドロールで使われている。 当初はエイミー・ワインハウスが制作する予定だったが、ワインスタインの薬物による逮捕のために変更となった。・・・
音楽 007/カジノ・ロワイヤル

音楽、サウンドトラック

「007/カジノ・ロワイヤル」の音楽を担当してるのは、イギリスの作曲家であるデヴ・・・ィッド・アーノルド。「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)から007シリーズの音楽を担当している。 発売されているサウンドトラック(サントラ)には、以下の曲が収録されている。 1.アフリカン・ランダウン 2.ナッシング・シニスター 3・・・
キーワード 007/カジノ・ロワイヤル

評価、興行

新しくボンドを演じるダニエル・クレイグに対して公開前には批判的な声もあったものの・・・、高い評価を得た。興行的にも、北米で1億6千万ドル以上の興行収入を上げ、これまでの007シリーズで最高の結果となった。世界の興行収入は、5億9千万ドルを超えた。日本でも、興行収入が22億円を超えるヒットとなり、2007年の洋画の12位となっ・・・
キーワード 007/カジノ・ロワイヤル

原作、1967年版

「007/カジノ・ロワイヤル」は、イアン・フレミングの原作を元にした作品である。・・・ジェームズ・ボンドが活躍するシリーズの第1作で、映画の冒頭のボンドはまだ007となっていない。映画化にあたって、時代が冷戦後となるなど、設定が変更になっている。 「007/カジノ・ロワイヤル」は、1967年にもパロディ作品として映画化され・・・
キーワード 007/カジノ・ロワイヤル

オープニングタイトル

「007」シリーズの特徴の1つが、凝ったオープニングタイトルである。「007/カ・・・ジノ・ロワイヤル」では、クリス・コーネルが歌う主題歌「You Know My Name」をバックに、ポーカーが大きな役割を果たす作品らしく、トランプのマークが登場するものとなっている。 アニメーションで格闘が表現され、倒された人物はトラン・・・
新着コンテンツ