夢のアンデス

夢のアンデス
公開年
2019年
製作国
チリ、フランス
監督
パトリシオ・グスマン
出演
フランシスコ・ガシトゥア、ビセンテ・ガハルド、パブロ・サラス、ホルヘ・バラディット
「夢のアンデス」は、「光のノスタルジア」「真珠のボタン」に続く、グスマン監督が描いてきたチリの叙事詩3部作の最終章。左派政権が倒され、ピノチェト政権による弾圧や虐殺が行われた、1973年のチリのクーデター。そのクーデターを、「チリの闘い」(1975- 1978)で映像に残したグスマン監督が、左派政権時代の歴史と、クーデター後に新自由主義の実験の場となってしまった祖国の現状を、俯瞰した視座から改めて見つめ直す。2019年カンヌ国際映画祭で、最優秀ドキュメンタリー賞とインディペンデント批評家賞をダブル受賞する評価を受けている。

2021年10月9日(土)より岩波ホールほか全国順次公開
配給:アップリンク
(c) Atacama Productions - ARTE France Cinéma - Sampek Productions - Market Chile / 2019
ニュース 夢のアンデス

チリ弾圧の歴史を描く3部作最終章 パトリシオ・グスマン監督ドキュメンタリー「夢のアンデス」公開決定

「夢のアンデス」の写真をもっと見る  40年以上に渡りチリの弾圧の歴史を描・・・いてきたパトリシオ・グスマン監督による最新ドキュメンタリー映画「夢のアンデス」が、10月9日より劇場公開されることが決まった。  「夢のアンデス」は、「光のノスタルジア」「真珠のボタン」に続く、グスマン監督が描いてきたチリの叙事詩3部作の・・・
新着コンテンツ