女たち

女たち
公開年
2021年
製作国
日本
監督
内田伸輝
出演
篠原ゆき子、倉科カナ、高畑淳子、サヘル・ローズ、筒井茄奈子、窪塚俊介
「女たち」は、自然豊かな緑がまぶしい山あいの小さな田舎町を舞台に、それぞれに事情を抱えた女たちが繰り広げる、ギリギリの生きざまを描いた映画。母の介護をしながら働き、40歳を目前にした主人公の独身女性・美咲を篠原ゆき子が演じ、倉科カナ、高畑淳子、サヘル・ローズらが共演している。長年に渡り映画を製作してきたプロデューサーの奥山和由が、 初めて女性のために製作した作品となっている。

2021年5月21日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国公開
配給:シネメディア、チームオクヤマ
Ⓒ「女たち」製作委員会
ニュース 女たち

篠原ゆき子主演「女たち」 モスクワ国際映画祭メインコンペティション部門に正式招待

「女たち」の写真をもっと見る  奥山和由率いるチームオクヤマ25周年映画「・・・女たち」が、4月22日から開催される第43回モスクワ国際映画祭メインコンペティション部門の正式招待作品に決定した。  「女たち」は、自然豊かな緑がまぶしい山あいの小さな田舎町を舞台に、それぞれに事情を抱えた女たちが繰り広げる、ギリギリの生・・・

主人公の美咲は、母の介護をしながら地域の学童保育所で働いている。東京の大学を卒業したものの、就職氷河期世代で希望する仕事に就くことができず、恋愛も結婚も、なにもかもがうまくいかず、40歳を目前にした独身女性である。娘を否定しつづける毒母、そんな母に反発しながらも自分を認めてもらいたいと心の奥底で願う娘。そこに「介護」という現実がのしかかってくる。お互いに逃げ出したくても逃げ出せない。あるとき、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織が突然命を絶ち、いなくなってしまう。美咲にとって、養蜂家として自立する香織は憧れだった。美咲の心もポキリと折れ、崩壊へと向かっていく。
新着コンテンツ