大人になっていく美大生、子供に戻っていく認知症の祖父 同居する2人の1年を描く 映画「春」公開決定

映画スクエア

大人になっていく美大生、子供に戻っていく認知症の祖父 同居する2人の1年を描く 映画「春」公開決定

 2018年に製作された古川琴音の初主演映画「春」が、10月1日より劇場公開されることが決まった。大森歩監督の新作「リッちゃん、健ちゃんの夏。」と同時上映される。

 「春」は、祖父の家に居候する美大生のアミと、認知症の祖父による1年間の物語。大人になるアミと、反対にどんどん子供返りする祖父の感受性が重なる姿を描く。自身も祖父と3年間に渡る二人暮らしをした大森歩監督が、自身の経験を元に、祖父を介護する美大生の心情を繊細に描き出している。主人公・アミを演じて映画初主演を飾っているのは、NHK連続テレビ小説「エール」や「街の上で」などの古川琴音。20年間に渡り劇団東京ヴォードヴィルショーの中心メンバーとして活躍する花王おさむが祖父を演じている。

 アミを演じた古川琴音は、「撮影中に度々、監督からおじいさんのお話を聞くことがありました。本人に直接言えなかった気持ちがこの物語にたくさん詰まっていることが分かり、私自身もこの作品を大切に思い、慎重になれたように思います」と撮影を振り返っている。また、祖父を演じた花王おさむは、「孫役の古川琴音さんの自然な演技に、教えられることが多かったです」とコメントを寄せている。

【コメント】

■アミ役 古川琴音 コメント

本作は私にとっての初主演映画になります。
今から約3年前、この仕事をまさに始めたばかりというタイミングで頂いたお仕事でした。
主演のプレッシャーを感じようにも感じられない、ただやってみるしかない!という怖いもの知らずの状態でお芝居していたように思います。
3日間の短い撮影期間でしたが、暗中模索していたのでもっと長く撮っていたようにも感じます。そんな中で拠り所となったのが、大森監督のおじいさんへの想いでした。
撮影中に度々、監督からおじいさんのお話を聞くことがありました。
本人に直接言えなかった気持ちがこの物語にたくさん詰まっていることが分かり、私自身もこの作品を大切に思い、慎重になれたように思います。
楽しんでご鑑賞ください。ありがとうございます。

■ジィちゃん役 花王おさむ コメント

上映決定、おめでとうございます。
私は、舞台の仕事が多いので、どうしても芝居をしようとしてしまいます。
大森監督には「芝居をしようとしないように」と言われ、どうしたら…と思っていましたが、撮影が3日間だけで、あれよあれよという間に撮ってくれたので、ああしよう、こうしようと考える暇もなく、それが逆に良かったのかもしれません。
孫役の古川琴音さんの自然な演技に、教えられることが多かったです。

大人になっていく美大生、子供に戻っていく認知症の祖父 同居する2人の1年を描く 映画「春」公開決定

【作品情報】

2021年10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
配給:アルミード
©AOI Pro.

  • 作品

公開年 2018年
製作国 日本
監督  大森歩
出演  古川琴音、花王おさむ、加藤才紀子、西智子、伊勢田世山、松山茂雄
新着コンテンツ