幻想に生きる認知症の父 現実に生きる娘 同じ場所で別の24時間を生きる2人 「選ばなかったみち」予告

映画スクエア

 2022年2月25日より劇場公開される、サリー・ポッター監督最新作「選ばなかったみち」の、予告編が公開された。

 公開された予告編は、娘モリー(エル・ファニング)が、病院へ連れていくためにニューヨークのアパートでひとりで暮らす父レオ(ハビエル・バルデム)を訪ねるシーンから始まる。だが娘と父は、意思の疎通もままならない。そして映像は、レオがかつて選ばなかった人生を映し出す。初恋の女性と出会った故郷メキシコや、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャが、レオの幻想として描かれる。一緒にいるはずなのにまったく別の景色を見ている2人。厳しい現実に押しつぶされそうになるモリーだが、父に寄り添い手を握り続ける。

 「選ばなかったみち」は、ニューヨークに住むメキシコ人移民の作家レオと娘モリーの物語。認知症の父レオは、モリーが隣にいながらも、初恋の女性と出会った故郷メキシコ、作家生活に行き詰まり一人旅をしたギリシャへと、モリーとはまったく別の景色を見る。メガホンを取ったのは、「耳に残るは君の歌声」などを手掛けた、イギリスの映画監督サリー・ポッター。若年性認知症と診断された実弟の介護経験から着想を得た脚本も手掛けた。レオ役を務めるのは、「ノーカントリー」などのハビエル・バルデム。娘モリーを、「マレフィセント」などのエル・ファニングが演じる。

幻想に生きる認知症の父 現実に生きる娘 同じ場所で別の24時間を生きる2人 「選ばなかったみち」予告

【作品情報】
選ばなかったみち
2022年2月25日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
配給:ショウゲート
© BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE AND AP (MOLLY) LTD. 2020

新着コンテンツ