平和な島に現れたサイコキラー ”死体がバレたら終わり”の緊迫感 藤原竜也&松山ケンイチ「ノイズ」予告

映画スクエア

 2022年1月28日より劇場公開される、藤原竜也と松山ケンイチのダブル主演映画「ノイズ」の、予告編が公開された。

 公開された予告編では、平和な島で暮らす泉圭太(藤原竜也)、田辺純(松山ケンイチ)、守屋真一郎(神木隆之介)の、親友3人の日常が、一人の”ノイズ”を誤って殺してしまったことで崩壊していくことが描かれている。死体を隠しきるために隠蔽工作を図る3人だったが、”死体がバレたら終わり”という極限状況、県警の出動、島民からの期待、不安による疑心暗鬼など、さまざまなプレッシャーが襲いかかる。さらには、捜査の手がジリジリと3人に迫りくるなか、新たな死体の存在も明らかになり、事態は急展開を迎える。

 あわせてキャストも追加発表された。刑事・畠山(永瀬正敏)の相棒に伊藤歩、農家の息子に酒向芳、町長の部下に迫田孝也、真一郎の母に鶴田真由、猪狩島に訪れる地方創生局員に波岡一喜、真一郎の先輩である前任の駐在員に寺島進、猪狩島の復興を第一に考える町長に余貴美子、そして圭太と純の隣人で、物語の重要なカギを握る農家役に柄本明が名を連ねる。

 「ノイズ」は、筒井哲也のコミック「ノイズ【noise】」を映画化した作品。絶海にぽつりと浮かぶ過疎化に苦しむ孤島を舞台に、島を訪れた実はサイコキラーの小御坂睦雄を誤って殺害してしまった泉圭太と、死体隠しに協力する田辺純たちを描いたサスペンス映画で、藤原竜也と松山ケンイチがダブル主演し、2人の幼なじみの新米警察官役で神木隆之介も出演する。また、圭太の妻役に黒木華、サイコキラー役に渡辺大知、県警の刑事役に永瀬正敏が顔をそろえる。メガホンを取るのは「ヴァイヴレータ」「彼女」などの廣木隆一監督。愛知県の全面協力を得て、知多半島で撮影された。

平和な島に現れたサイコキラー ”死体がバレたら終わり”の緊迫感 藤原竜也&松山ケンイチ「ノイズ」予告

【作品情報】
ノイズ
2022年1月28日(金)全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会

新着コンテンツ