永瀬正敏「現場に“心” を持ってきてくれる役者」 「名も無い日」共演のオダギリジョー、金子ノブアキに

映画スクエア

永瀬正敏「現場に“心” を持ってきてくれる役者」 「名も無い日」共演のオダギリジョー、金子ノブアキに

「名も無い日」の写真をもっと見る

 写真家・映画監督の日比遊一に起きた実話をもとに描かれた映画「名も無い日」の、無観客生配信舞台あいさつが6月11日に行われ、出演者の永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキと日比遊一監督が登壇した。

 日比遊一の弟の死を題材にした本作は、撮影から3年の年月をへて、ようやく公開された。日比監督は「弟が死んで9年がたち、構想・原案から6年、撮影から3年がたちました。もうダメだなと思うときも、ひと言で言い表せない大きな支援をいただき、はいつくばって完成させることができた」としみじみ。さらに、「今日は有志の皆さんの思いも背負って、ここに立たせてもらっている。映画はお客さんに見ていただき、初めて完成するので、今日『名も無い日』という作品が独り立ちできて、誇りに思いますし、感動もしております」と感無量の面持ちを見せた。

 日比監督がモデルの長男を演じた永瀬、自ら破滅へ向かっていく生活を選んだ次男を演じたオダギリ、兄たちを支えてきた三男を演じた金子。三兄弟を演じた感想について永瀬は、「二人とも現場に“心” を持ってきてくれる役者さん」と表現。オダギリは、「自分のことながら、このキャスティングがしっくり来ると実感していた。芝居を交わせるうれしさがあり、最高の答えを出したいという気持ちもあった」と振り返った。また金子は、「上に兄弟がいないので、現場では僕にもお兄ちゃんができたって思えて『甘えちゃえ』と身を任せることができた」語った。そんな三人の共演に、日比監督は「夢のような三兄弟。感謝の一言しかありません」と話していた。

 最後に日比監督は、「大切な誰かを失った悲しみは乗り越えるものではなく、そっと心に生き続け、しっかり向き合うもの。そうすることで、次の一歩を踏み出せる…そういう映画だと思います。セリフが少ない、凝縮された俳句のような映画なので、大切な人と一緒に、(映画の)余白に人生を重ね合わせてもらえれば」と全国の映画ファンにメッセージを送った。

 「名も無い日」は、本作品の監督でカメラマンでもある日比遊一に起きた実話を元にした作品。カメラマンとして海外で暮らす自由奔放な長男が、弟の訃報を知って名古屋市に舞い戻り、現実を受け入れられない中、カメラを手に家族や周りの人々の思いをたぐる。主人公の長男でカメラマンの達也を永瀬正敏が、自ら破滅へ向かっていく生活を選んだ次男・章人をオダギリジョーが、兄たちを支えてきた三男・隆史を金子ノブアキが演じる。また共演には、真木よう子、今井美樹、木内みどりらが顔をそろえる。

【作品情報】
名も無い日
2021年6月11日(金)よりシネマート新宿他全国公開
配給:イオンエンターテインメント、Zzyzx Studio
©️ 2021 『名も無い日』製作委員会

  • 作品

名も無い日

公開年 2021年
製作国 日本
監督  日比遊一
出演  永瀬正敏、オダギリジョー、金子ノブアキ、今井美樹、真木よう子、井上順、藤真利子
新着コンテンツ