誘拐された孫を奪還 難局に立ち向かうおばあちゃん描く 「ベルヴィル・ランデブー」リバイバル上映決定

映画スクエア

誘拐された孫を奪還 難局に立ち向かうおばあちゃん描く 「ベルヴィル・ランデブー」リバイバル上映決定

 フランス映画として初めてアカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされた映画「ベルヴィル・ランデブー」が、7月9日よりリバイバル上映されることが決まった。

 「ベルヴィル・ランデブー」は、誘拐された孫を奪還するため、愛犬ブルーノや伝説の三つ子ミュージシャンの老婆たちと一緒に、数々の難局を乗り越えるおばあちゃんの姿を描いたアニメ映画。ブルーノは、優れた演技を見せた犬に贈られるカンヌ国際映画祭パルム・ドッグ賞にノミネートされた。監督を務めるのは、本作が初の長編アニメ映画となったシルヴィアン・ショメ。デフォルメされたキャラクターによって描かれ、ジャズの主題歌はアカデミー賞歌曲賞にノミネートされた。

 公開されたポスタービジュアルでは、マフィアに誘拐された最愛の孫シャンピオンを奪還するため、大都市ベルヴィルまでやってきたおばあちゃんが、マフィアの車の前でライトに照らされながらも、仁王立ちで動じずに立ち向かう後ろ姿が切り取られている。背景には夜空に塔がそびえ立ち、フレンチ・トリコロールの花火がデザインされている。

【作品情報】 
ベルヴィル・ランデブー
2021年7月9日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか全国順次公開
配給:チャイルド・フィルム
©Les Armateurs / Production Champion Vivi Film / France 3 Cinéma / RGP France / Sylvian Chomet

新着コンテンツ